税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 今週でようやく全て片付くかな・・。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週でようやく全て片付くかな・・。

2016 - 04/04 [Mon] - 23:01

3月が終わって法人の決算・確定申告も終わり、ようやくやらなければならない仕事が全て済んで数日が経ちました。もちろん土日の休みを取ることもなく個人確定申告の片付けに相変わらず追われているわけですが、それもようやく今週で全て片付くのではないかという雰囲気がしてきました。皆様方には本当にお待たせしました。

今週から少し時間ができそうなので久しぶりに外出して確定申告の控えと請求を持ってあるお客さんのところへ伺いました。するとお客さんが私の顔を見るなり「ああ、もりり先生お久しぶり。もしかして先生倒れとんとちゃうかな、って話をしてたのよ~」とおっしゃいました(笑)。

いえ、あながちそれもウソではないので「ああ、本当になかなかお伺いできないで申し訳ありませんでした。体はものすごく元気だったんですけれども、後処理が山積みで全く外出することができなくて・・。ほとんど倒れてたのと同じ状態でした。」と冗談交じりにお話ししてましたが、ほんと、今年は事務所に軟禁されていたようなものです(笑)。

今年はたぶん一日休みを取った日はあったかな、なかったかな?ああ、3月のお彼岸でお墓参りに行ってきましたので、その日は一日休んだかな・・、でもそれくらいですね。きっとこの三ヶ月間でよく休んだとして二日くらいだと思いますね。

私自身は忙しいことを自慢する気などサラサラなく、むしろこんな休みなく働くなんてバカだと思っていますのでお恥ずかしい限りですが、でも私たちの仕事は納期のある仕事ですから、仕事がある以上片付けないとしかたないんですよね。そのせいで休みがなくなろうが、長時間労働になろうが、それはやらなきゃしょうがありません。

人手が足りないのもあるし、仕事が増えたのもあるし、私の処理が遅いのもあるし、いろんな要件が重なって今年はこんなことになってしまいましたが、まあ、過ぎたことは仕方ありません、仕事のミスや納期が遅かったことも含めて全てそれはそれとしてやり過ごさなければやってられません(笑)。

正直、最近の私は半分開き直っています(笑)。「ミスしたのなら直せばいい。もし直せないミスだったらお客さんが損をした税額をこっちで補償すればいい」「今年はたまたま仕事が遅くなってしまった、来年以降二度と同じことはしないようにしよう」「もしうちの仕事ぶりが気に入らなければ、もうそれはお客さんに逃げられてもしかたない。とにかく大事なお客さんだけは逃げられないように謝り倒して、補償して堪忍してもらおう」・・そんな感じです(笑)。

いえ、そうでも思わないとプレッシャーと反省で押しつぶされちゃいそうになるんですよね。残念ながら私は鬱病になってしまうほど生真面目な性格でもないし、責任感も強くないので、プレッシャーが本当にピークに達すると開き直りモードに入ります(笑)。お客さんに怒られようがどやされようが、ひたすら謝り倒す覚悟はできてますし、心の奥底では「そりゃおっしゃるとおりだけど、うちもベストを尽くして処理した結果がこれだったんだからしょーがないじゃん。文句は甘んじて受けるけど、これ以上の対応はどう転んでもできなかったわ」と自己弁護を心の中でつぶやきますね。

ほんと、それくらいの開き直りがないとこんな異常なほどに忙しい仕事なんてこなせませんよ。もちろん来年以降も同じようなバカなことをするつもりはありませんけれども、今年の仕事ぶりに関して言えばもう終わっちゃったんですからいまさらどーしょーもありません。タイムマシンでもあれば、3月14日くらいに戻って一生懸命仕事のペースを上げようとしますが、現実的には過去に戻れないんでそんなことをとやかく言ったって結果はなにも変わりません。

大事なことは来年も同じことをしないこと、今後も同じミスをしないこと、です。そこに気持ちを切り替えて持っていかないと、やってられないし、進歩もありません。こういう場合は、ある意味開き直った無神経さが必要になってきます。いわゆる「ケツを巻く」というヤツですね。仕事が片付かなかった非はもちろん認めますが、だからいまさらどうせいっちゅうねん、という開き直りですね(笑)。

お詫びの言葉が必要ならいくらでも謝りますし、金銭的な補償で許してもらえるのなら補償するしかないでしょう。そういう話になりますやんか。ハッキリ言って世の中のどんな仕事だって100%お客さんを満足させる会社なんてどこにもないわけで、満足してくれないお客さんには謝るか、補償をするか、そうやって行くしかないわけですからね。

ほんと、今年の繁忙期が過ぎてから、私は「しょうがない」と「開き直る」という言葉を久しぶりに思い出しました(笑)。これは究極のプレッシャーから自分の精神を健全に保つためのマジックワードですね(笑)。なのでいまの私はとても気持ちが落ち着いています。お客さんからどんなクレームをつけられても精神的に参ることはないと思います。

まあ、そうやってミスを受け流す時も長い間仕事をしている時にはありますよ、ほんと。今年がその年だったんだ、と思うしかありません。とにかく今週で残務を全て終わらせて、謝るところは謝って、お金払うところは支払って、で、しばらくのんびり過ごさせてもらいます。

後片づけも、もうちょっと。早く終わらせちゃおう。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2719-da8990e2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。