税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 社会・経済 > ネットに接続されているカメラ映像がダダ漏れ・・  

ネットに接続されているカメラ映像がダダ漏れ・・

2016 - 04/01 [Fri] - 18:22

たまたまネットのニュースを見ていますと、世の中に設置されている様々な防犯カメラなどの映像がネットでダダ漏れ状態であることを知りました。たとえば下記のサイトはその映像が見られるサイトです。「Japan」を選んで画像を選択すれば、そのカメラが写している現在の状況を見ることができます。

insecam

これ、監視カメラももちろん見えるのですが、それ以外にも従業員の仕事ぶりをチェックするためにお店に設置されたカメラの映像が外部流出していることもよくわかります。

どこかの散髪屋さんの監視カメラの映像

これなどは明らかに経営者が自分が経営している散髪屋さんでの従業員の様子、あるいはお客さんの入り具合などをチェックするために設置された監視カメラの画像ですね。手前に写っているカップルはまさか自分達がいちゃついている様子がこれほど鮮明に世界中で見られているなんて夢にも思ってないでしょう(笑)。

しかもしばらく見ているとカメラの撮影範囲が移動するんですよね。きっと経営者が社員理容師・美容師の仕事ぶりをチェックするために撮影部分を移動させたのでしょう。

そしてこちらは病院か工場の休憩所と思われるところを撮している監視カメラ。

社員の休憩所を撮影しているカメラ映像

休憩所を監視カメラで写してるなんて、ちょっと趣味悪い気もしますが、社員が必要以上に休憩してサボっていないか監視しているんでしょうね。もちろんあらかじめ社員に「監視カメラで撮影してるからな」と言っておけばサボり防止には役立つでしょうね。

そしていろんな映像を見ていて気がつくのは、流出している映像の多くがパナソニック製のカメラで撮影されたものであること。

パナソニック製カメラで撮影されたものが多い!

これはパナソニック製のカメラのセキュリティが悪いからなのか、それともシェアが高いからなのか、そのあたりの理由はわかりませんが、とにかくパナソニック製のカメラで撮影された映像が多いのは事実ですね。

で、これの恐ろしいところは、カメラがどこに設置されているか場所の特定まで可能であること。なので秘密もプライバシーも合ったものじゃありません(笑)。もちろん全ての監視カメラ・防犯カメラの映像が流れているわけではないと思いますので、インターネット上でのセキュリティが甘いとこうやって画像ダダ漏れになってしまうのでしょうね。

いろいろな映像を見ていますとこんなものまで・・。

大阪市役所内の喫茶室?の映像

場所を見てみれば、なんと大阪市役所。市役所内にある喫茶店か喫茶室に設置された防犯カメラなんでしょうね。

ああ・・、更に恐ろしいことがわかりました。この監視カメラの動画部分をクリックすると、なんとカメラの撮影角度を変えたり、ズームできたりまでできちゃいます。つまり完全に監視カメラを第三者がコントロールすることまでできるのです。これはいけませんねぇ、さすがに。

なんとカメラのコントロールまでできます

いや、本当にこれは当事者以外の人が見られないようにすぐにでもセキュリティ設定をすべきですね。こうやって見てみると、セキュリティが甘い監視カメラのせいで多くの人の行動が、全く関係のない第三者によって監視されていることがありえるってことですね。

恐ろしい、恐ろしい・・。皆さんも監視カメラにはご注意を。職場に設置されている場合には自分の姿が世界中に洩れていないか是非確認してみてください。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2717-08796020

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード