税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 時計 > キングセイコー、修理完了!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キングセイコー、修理完了!

2008 - 02/29 [Fri] - 10:03

King1
 今日修理に出していたキングセイコーが返ってきました。本当にボロボロの状態でしたがよく綺麗に直してくれました。修理してくれた時計屋さんに感謝、感謝です。ケースに磨きをかけてもらい、風防も新品にしてもらい、そしてオーバーホール。こんな古い四十数年前の時計もきちんと手をかければ立派に蘇るものです。磨いたので確かに角は丸くなっちゃいましたが、これはこれで別の味があっていいんじゃないかと思っています。


 動く音を聞いていると、昔の時計らしくものすごくロービートです。今風の時計のように早い音ではなく、私が持っている時計の中では最も遅いビート音です。また銀色の文字盤に、銀のインデックス、日付無しのステンレスケースに黒い革ベルトの組合せはなかなかドレッシーな感じがしてビジネス向きではないかと思っています。


King2
 精度もよく出してくれていると思います。まだ届いて一日も経っていないので何とも言えませんが、多分日差5秒くらいに調整をしてくれているように思います。(後日注:その後の経過は3日間で+2秒。とても優秀です。)よくオークションなどを見ていると「この時計はアンティークなので日差2-3分です。」などと平気で書いてある商品をよく見かけますが、私の経験から言って腕時計でも40-50年くらい前のものならば、きちんとオーバーホールに出せば日差10秒くらいには十分調整可能です。先ほどのオークションの売り文句のように「日差2-3分」なんて、アンティークだから日差2-3分なんじゃなくて、全然調整してないからそんな酷い日差になるだけのことなんで、さも「アンティークだから仕方ありません」なんて言い訳がましく書くような業者は調整もしていないボロボロの時計を高く素人に売りつけようとする意図がミエミエで全然信用できませんね。


 いやあ、でも腕に巻いているとしっくりきますねぇ。こういう渋い時計もいいですね。別にハデでもなく、目立つわけでもなく、ただオーソドックスに美しく静かに存在しているというのも。私自身がオッサンになった証拠です(笑)。今から欧米諸国を追い抜いてやろうという気概に満ちあふれていた頃の日本の製品、そして実際にその後すぐに欧米メーカーにショックを与えることとなるセイコーの昔の時計。しかも当時のセイコーがその技術の高さを示すためだけに作ったのではないかとも言われるほど生産数が少なく珍しい時計。私が生まれた当時のセイコーを今こうやって綺麗に直して腕に巻けることは実に感慨深いものがあります。


King3
 さてそれはそうとして「なぜキングセイコーなの?なぜグランドじゃないの?」という疑問は私にぶつけないで下さい(笑)。私が自分で買った時計じゃないんですから。この時計は私が貰っただけですし、くれたご本人に「なぜグランドじゃなくキングですか?」とはまだ訊いていませんし、多分訊けません。まあしかしこのクロノメーター・キングはきっと当時はグランドに匹敵する価格だったと思われますし、他人が持っていない珍しいものを身につけて自慢しようと思ったのが購入の理由だと思うんですよね・・。何しろこの時計をくれた方はお育ちが良い方ですから(笑)。今70歳過ぎですが、若い頃からスキーやテニスに明け暮れることができた方で、「松岡修造のお父さんとテニスの試合で一緒になったことがある」って話もしてましたし、今でも冬になると毎年海外にスキーに行ってますからね・・。羨ましい老後です、全く。


 あと2ヶ月位すればまたこの方とお会いする時期になります。その時に「もらった時計、こんなに綺麗になりましたよ!」とその方に見せるのが楽しみです。その時きっと「おお、凄いやん。もりりくん、えらい頑張って直したんやなぁ。そないせんでもエエのに。」とおっしゃるのが予想されますね。でもそう言われるのがちょっと嬉しい気分です。その方が私の昔の冗談を覚えてくれてこの時計を私にくださり、そして私も頂いたお礼に綺麗に直して大切に使う。今回の修理は時計を頂いた感謝の気持ちを示すための私の義務みたいなものです。その期待に応えてくれた時計屋さんには再び感謝です。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/271-0e98cc28

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。