税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税務・会計 > 電子申告を選択しても申告書の用紙は送って!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子申告を選択しても申告書の用紙は送って!

2016 - 03/12 [Sat] - 11:06

今の時期私たち税理士は個人の確定申告でヒーヒー言っているわけですが、その際に私たちの手間を省くことに大いに役立つのが「電子申告」ですよね。当初は「税務署の省人化に手助けするなんてもってのほか!絶対電子申告反対!」みたいなアナーキーな左翼税理士さんも散見されましたけど(笑)、実際にはこれのおかげで私たち自身がどれほど仕事をラクにできるようになったか強く実感しているのではないでしょうか。

で、ひとつだけ、というか、二つだけこの電子申告について困ることがあります。

一つ目は添付書類などをPDFファイルなどで添付して提出できないこと。これは地方税の電子申告では当初よりできたことなので是非とも国税でも早期に採用して欲しいと願いますね。ま、聞き及んでいるところでは、やはりそういう要望が多いのか、国税でもシステムの変更を検討しているとのことなので、こちらは一年でも早い実現を願いたいところです。

そして二つ目は、「ひとたび電子申告を選択すると、翌年以降申告用紙を送ってくれないこと」ですね。これ、結構納税者から苦情が多いんですよ(笑)。もちろんコスト削減という意味があって、私自身もそのことには大いに賛成なんですけれども、納税者の中には「あの申告用紙の封筒が来ないと確定申告の時期が来たことに気がつかない!」とおっしゃる方が少なからずいるんですよね。

まあ、気分の問題もあるのでしょうけれども(笑)、そういう方がおられることは事実です。それともう一つ、こちらは本当に困るケースとして、例えば例年は自分で確定申告を行っているんだけど、たまたま「体調が悪くて入院して」とか「今年はややこしい譲渡があって自分では申告書が書けなくて」と言った理由である年だけスポットで税理士に申告を依頼してくる方がおられるんです。

私たちとしては、そういうスポットの方の申告に関してもご本人の同意が得られれば電子申告で申告を行いたいんですけれども、唯一の問題は私たちが電子申告を行った翌年以降、またご自分で申告書を書こうとしても用紙を税務署から送ってくれないことなんですよね。

これは納税者ご自身にとっては本当に困ったことなんです。だって特別な事情がなければ自分で申告書を記入・提出できるわけですから、税理士に頼んだ翌年からはまた自分で用紙に書き込みたいんですよね。でも、肝心の用紙が送られてこないので、わざわざ税務署まで取りに行ったり、郵送を電話で依頼しなければならなくなっちゃうんですよね。しかも用紙と共に申告書の書き方冊子も送られてこないので、税法が変わった場合などに納税者ご本人ではどう計算したらよいのか分からなくなってしまっちゃうんです。

これは納税者ご自身にとって本当に不便なことなので、ぜひとも電子申告を行っている納税者であったとしても、本人の選択によって申告用紙を送ってもらえるように変更してもらえるとありがたいと強く感じますねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2704-81bdd310

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。