税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > ベンツも排ガススキャンダル?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンツも排ガススキャンダル?

2016 - 03/01 [Tue] - 10:50

あまり日本ではニュースになっていないのですが、アメリカではベンツが排ガス不正問題で訴訟を起こされているのだとか。フォルクスワーゲンの不正問題が本来日本に輸入しているモデルには全く影響がなかったにもかかわらずあれだけ日本でも大ニュースになったことと比べてみれば、ベンツの件に関しては日本ではウソみたいに静かです。

米当局、排ガス不正問題でメルセデス・ベンツに情報開示要請

まあ、このディーゼル不正問題に関して言えば、ハッキリ言ってフォルクスワーゲンだけの問題で収まるとはとても思えない話でしたからね。フォルクスワーゲンが世界1、2位を争う大メーカーだったからこれほど世界中で叩かれたのでしょうが、ベンツだっていまや日本ではワーゲンを抜いて輸入車No.1の地位にあるわけですから、本来もっとニュースとして取り上げられてもよいはず。

もちろんメーカー自身が問題を認めているかどうかの違いはあるのでしょうが、もしベンツ自身がデータ不正を認めたとしたら、ある意味インパクトはフォルクスワーゲン以上のものがありますからね。だってワーゲンは大衆車ですから売れて利益を上げるために様々なコストダウンをはかり、その過程においてソフトの不正改造といったことも行われた背景があることが予想されますが、ベンツの場合は高級ブランドですからコストをケチったり、品質をごまかしてまで利益を上げる必要はそれほどないハズなんですよね。

もし本当にベンツにおいてもデータ不正の改造が行われていたのだとするならば、欧州車のディーゼル技術は大打撃を受けますよね。「クリーン」を売りに技術をアピールしてきたのに、蓋を開けてみればどこもかしこも排ガス垂れ流しだったことになっちゃうわけですものね。

なぜ日本でこの問題が大きく報じられないのか不思議で仕方ありませんが、もしアメリカでもっと大きな問題に発展していけばワーゲン以上の衝撃を自動車産業に与えることになるのではないでしょうか?

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2700-e6dd30c7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。