税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > うんちく・小ネタ > しょーもない話、日本の地名  

しょーもない話、日本の地名

2008 - 02/23 [Sat] - 07:21

 しょーもない話で申し訳ないんですけど、今日テレビを見ていて「近畿大学が校名変更を検討中」という話があったものですからそのついでに。


 何で近畿大学がそんなことを考えているのかと言えば、「近畿」を英語で書くと"Kinki"となり、これを発音すると"Kinky"(いやらしい、スケベ、変態)と同じになってしまって英語圏で印象が悪いから、ということなんですね。確かにその通りで、"Kinky University"なんて呼ばれちゃうと英語圏の人たちは大爆笑でしょうねぇ。だって「スケベ大学」「変態大学」ですもんね・・。どんな大学やねん、てなもんで、でも逆にそれがウケて"Kinki Univ."と書かれたTシャツを欲しがる人たちも多いのだとか。結構笑える話です。


 でもね「近畿」はまだいいんですよ。ヤバイのは東の方ですよ。私ね最初にアメリカ出張に行ったとき、そのころはまだ関空がなかったものですから成田空港に帰ってきたんですが、いきなり目に入ってきたのが確か"Kanto ..."という看板。ヤバイですよねぇ(笑)。もうこれは近畿の比ではありません。学校にしても、会社名にしても「関東」が使われているものって滅茶苦茶沢山ありますよね。「近畿」ほど直接的に発音と綴りで連想されにくいかも知れませんが、繰り返し発音してりゃ英語圏の人間であればかなり照れるでしょう。ましてや女性に"Kanto"を連呼された日にゃあ・・・。


 もちろんだからと言って日本の地名を直すなんて馬鹿げていますから、そんなことはすることありません。ただ場面場面によってはキチンと正確な綴りを示して、地名であることを説明した上で英語で読み上げた方が驚かれないで済むことはあると思いますねぇ。真面目な会議のような場面でいきなり"Kinki"とか"Kanto"とか言われた日にゃあ、聞いた方はひっくり返っちゃえますもんねぇ(笑)。「どーなってんの、日本の地名は」ってびっくりコかれちゃいますよ。"kinki, Kanto"なんて続けて言ったりなんかしたら、「何考えてんだ日本人は!」って殴られちゃいますよ、マジで。


 下らない話でごめんなさい。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/270-f431c8c7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード