税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 今年は「経営」元年に!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は「経営」元年に!

2016 - 01/01 [Fri] - 12:11

平成28年も年があけました。皆様おめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。


私の目標としましては、今年は事務所の「経営」をしっかりしていきたいな、と燃えています。今までいろいろなお客さんの経営と資金繰りなどを長年拝見してきたので、その経験を自分の事務所経営に応用しようと思っているわけです。

医者の不養生といいますか、灯台下暗しといいますか、お恥ずかしながら自分の事務所に関してはこれまでほとんど「経営」らしいことは行ってきていませんでした(笑)。私の場合には「経営」と言うよりは「マネージメント」と言ったほうが合うような気がしますね。

「経営」を英語でいうと「マネージメント」になるわけですが、なんとなく「マネージメント」と言うほうが「資金繰り」や「帳尻合わせ」という泥臭い作業とバタバタしさを感じることが強いので、私の場合は「マネージメント」という言葉のほうが合っていると思います(笑)。以前と比べて事務所の経費も増えてきたし、しっかりと年単位、月単位の資金状況を把握して管理しておかなければすぐにショートするという部分もあって怖いですからね。

今年はそういうお金の帳尻合わせ的な作業と管理をしっかりと把握しなければならないな、と思っているところです。幸い私たちの仕事というのは特別な事情がなければ一年間の収入と支出を年初にかなりの精度で把握することができますので、年間の金銭の動きもほぼ把握できます。

つまり年間の予算立てというか、決算状況が年初にはほとんど分かるわけです。ならばその内容を見ながら年間のお金の動きをしっかりと管理、すなわちマネージメントしていかなければならないのです。

やはり事業を大きくしようと思えば、いろいろと資金的にショートするところも出てきてしまいがちです。丼でやっていても適当にお金が回っていた頃と違って、きちんと管理しておかなければ大変なことになりかねないということを恥ずかしながら昨年痛感してしまいました。

関与先さんの経営にもアドバイスする事も多い立場の人間が自分の事務所経営管理すらできてなかった、というのではお話にもなりませんので(笑)、今年はしっかりと事務所のマネージメントを行っていきたいですね。やはり、管理をしっかり行えば実情がわかり、実情がわかれば予定も立ち、将来への計画や目標・予算も立てられますからね。

今の私はとりあえず、二年後の平成29年末にそれなりの資金的余裕を持っていることが短期的な目標ですね。いまはそのための青写真を作り上げたところです。あとはその予定通りに実行していくことですよね。それこそマネージメントの世界です。

そうやって考えると、個人事業者って事業の予算立てと経営計画立案を行う経理部門と企画部門の仕事を行い、その上でその予算の実行を行う営業部門や製造部門などの現場仕事もしなきゃいけないんですから大変ですね。さらにはそれら全般の統括と責任を負う経営者にもならなければなりませんから、さらに大変(笑)。

でもそうやっていろんなことを考えながら行って、管理する能力を高めていくことは自分自身の成長にとってももちろん、関与先さんの経営管理に対するアドバイスを行う際にも必ず役立つと思っています。そんな風に今年は、税理士としても事業経営者としても一つ上に上がっていける年にしたいな、と考えています。

頑張っていきます!皆さんも頑張りましょう!

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2663-f9dee45f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。