税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > ウィンドウズ10、ブルースクリーントラブルから解放?  

ウィンドウズ10、ブルースクリーントラブルから解放?

2015 - 12/15 [Tue] - 15:22

一ヶ月ほど前にウィンドウズ10に業務用パソコンをアップグレードしてからというもの、ほぼ毎日原因不明のシャットダウントラブルに見舞われていたことは何度もこのブログに書いたことですが、先般アンチウィルスソフトをウィルスバスターからマイクロソフトディフェンダーに変えたところ、当初は同じようにシャットダウントラブルが起きていたのですが、ここ数日はとても安定して動いています。

ウィンドウズ10

この三日くらいは全く問題なくきわめて安定して動いています。トラブルが起きそうな気配もありません。そのためアンチウィルスソフトをディフェンダーから再びウィルスバスターに変えましたが、やはり安定して動いています。もしかすると不安定だった原因はウィルスバスターをインストールするタイミングだったのかもしれませんね。

そして今日はウィンドウズ10にアップグレードしてから一か月目になったので、メジャーアップデートが適用できる日にようやくなりました。アップデートには1時間ほどかかりますがこれで業務用パソコンでもコルタナが使えるようになります(笑)。といってもコルタナを使う場面というのはそれほどないようにも思いますけれども(笑)。

でもウィンドウズ10は安定して動いてくれさえすれば、とても好きなOSです。その理由は7時代よりもクラウドのデータ共有ができるサービスが増えているように思うからです(もしかすると7でもできたのかもしれませんが)。住所録やスケジュールがスマホからでもパソコンからでも同じ内容を見ることができます。もちろんどの機器から内容を加筆修正してもクラウドですからすべての機器でその加筆修正後の内容を見ることができます。

たいしたことないような改善点ですが、これが結構地味に便利だったりするのです。今まででしたらブラウザーを立ち上げればこのようなことができましたけれども、10では最初からインストールされているピープルやカレンダーのアカウントをスマホなどと同期するように設定さえしておけばスマホのアプリを立ち上げるような感覚でパソコンからスケジュールやアドレス帳を見ることができるのでとても楽なんです。

スマホやタブレットを意識したウィンドウズ8がベースになっているのが10ですから、パソコンで使う10もかなりスマホ的な使い方ができるようになっています。そこがスマホに慣れている人間からするととても心地よく使えたりするんですよね。

あとは、せっかくコルタナが動作するような状態になったのですから、iPhoneのSiriのように文章などの入力や操作を音声でできるようにしてほしいですね。社員さんがたくさんいるような会社では音声入力は不便かもしれませんが、うちの事務所のように少人数でやっているところであれば音声入力だって使ってもそれほど迷惑かけませんからね(笑)。

スマホを使っていて音声入力の利便性の高さはものすごく実感しているので、マイクロソフトにもコルタナのレベルアップをもっともっとはかってもらって、Siriレベルの音声操作や音声入力ができるようになってほしいと願いますね。それと日本語入力のIMEについても、スマホと同じように音声入力できるようになってもらいたいです。

グーグルのIMEなんて、すでにスマホで音声入力ができるのようにできているわけですから、パソコン版でも早く音声入力できるようになってほしいです。文章の音声入力って何気に便利な時が多いので、会話をするような感覚でもっとパソコンが音声操作・音声入力できるようになるとプライベートなどではもっと面白く使えるんじゃないかと思いますね。

さらなるウィンドウズの進化に期待をしています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2640-78fa37ab

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード