税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 資金力も「自民1強」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資金力も「自民1強」

2015 - 12/06 [Sun] - 09:35

2014年の政治資金収支報告書によれば、自民党が政治献金を集めた政治家の上位を占め、ほぼ自民一人勝ちの状況なのだそうです。

資金力も「自民1強」…1億以上51人中44人


まあ、現在の政治状況を見ていますとそうなるのは当然でしょうねぇ。こういう報道が出ますとすぐに「金権政治だ!けしからん、政治献金など廃止を!」と吠える方もおられますが、どうなんでしょうね?

だって政治なんて、基本的にはその政党の政治を支援している人たちの期待に応えるためのものですからね。逆に言えば、支援してくれる人たちの期待に応えられないような政治家や政党など誰からも支援されるわけありませんからね。

政治献金に反対している民主党だって、政権を取っていた時は主な支持基盤である労働組合やその関係者からの支援を受け、その支援の期待に応える政治を行おうとしたはず。もちろん政治献金だってその辺りから相当集まったはず。

もちろん共産党だってたくさんの献金を集めていますし、共産党はその支持者たちの期待に応えるための政治活動を行っているのであって、あくまで政治は自分たちを支持してくれる人たちの期待に応えるためのもの、もっと言えば利益誘導を行うためのものです。

ですから、自民党が支持者の期待に応える政治を目指し、それを実現させようと努力している限りにおいては、自民党に政治献金が集まるのは当然の話。政治献金を批判している民主党ですが、その党首である岡田さんにも一億五千万円以上の政治献金が集まっているのですからなにをかいわんや、の世界です。

単純に言って、政治献金を集めることができる政治家にはそれだけの力があるからだと思いますね。だって何もしてくれない政治家に献金して応援しようとする人なんているわけありませんからね。献金の多さは政治家に対する有権者の期待の多さ、活動の成果ともいえるわけです。

まあ、こういう政治献金の結果などを見ても、自民党がより多くの国民や企業・団体の期待に応える政治を実現しようとしていることの表れではないかと思いますね。しかし、このブログにアップするために安倍総理の画像をグーグルで検索しておりましたら「売国奴」「戦争をする国に」「日本を壊す」「死ね」と書かれたものやヒトラーに見立てた画像が出てきて、それはひどい言われようです(笑)。

先ほども書きましたように、政治はどの政党が政権を取っても万人のための政治ではありません。もちろん最大多数の国民を幸せにする政治は目指すはずですが、それでも自分たちを支援してくれる人たちに出来る限りのお返しをしたいと思って政治活動を行うのは当然です。

だから、そりゃあ安倍総理や自民党の政治に納得できないで批判を行う人たちが世の中にいることは当然ありえるでしょう。でもそんな人に尋ねたいのは「だったら他のどの政権に取らせたい?」ってことなんですよねぇ。

もう一回民主党に取らせますか?まためちゃくちゃな事をして、それこそ日本の経済が崩壊し、外交・国防も外国からナメられっぱなしになる可能性が高いですよねぇ。それで日本の国益が守れますか?あるいは政権批判を行うことだけが党是であるかのような共産党に政権取らせてみますか?そもそも彼らが政権について国が上手く回ると思いますか?(笑)

そう考えていけば、他にそれなりの政治ができる政党なんてないんですから自民党が支持を集め、そして政治献金を集めるのは当然じゃないですか。まあ、政治は利益誘導ですよ、はっきり言えば。それができる力があるから献金も集まるんです。日本の経済を良くし、外交や国防に力を入れて日本の国益を守る、それも日本国民にとっての「利益誘導」ですからね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2626-95b1deed

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。