税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > ウェブの自動翻訳の精度が高まることを期待!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェブの自動翻訳の精度が高まることを期待!

2015 - 12/01 [Tue] - 17:53

現時点ではスマホなどを中心にして、かなりの精度で自動翻訳が可能になってきていますよね?スマホに日本語でしゃべりかければそれなりの英語などの外国語に翻訳してくれるサービスが一般的になってきています。

グローバル化は進む!

以前の私は、機械翻訳の精度はまだまだレベルが低く、そのため会話や文章の自動翻訳が実現化するのはまだまだ先だと思っていました。確かに機械翻訳のレベルはまだ今ひとつの面はありますが、しかし将来を大いに期待させるレベルに近づいて来ていることも確かだと思います。

あともう少し機械翻訳の精度が高まれば、きっと日常会話ならスマホを使ってある程度の会話ならできるでしょうし、そしてウェブなどに書かれた文章であれば、かなりの精度で各国の言葉に変換が可能になると思います。そうなると日本人の可能性を大きく広げてくれることになるのではないかと期待できるのです。

以前から何度もこのブログに書いていますように、日本人が国際社会において損をするところは「英語の能力が低い」と言うことに帰結される、と思っています。英語がもっと自由にしゃべれて、文章で表現することができれば、ビジネスをはじめとした様々な面で日本人の可能性はもっともっと大きく広がると思っています。

しかし、日本の英語教育のレベルは一向に低いままで改善されず、これだけ国際化がすごいスピードで進展していく中では日本人だけ取り残されてしまうのではないかという危惧も持っていました。そのため、日本人の英語教育のレベルが高くなるのが早いか、それともITツールの進化によって自動翻訳のレベルが高まるのが早いか、どちらが早いだろうかと思うところがありました。

最近の様々なツールの進化をみていますと、このままで行けばITツールが進化して自動翻訳が自然なレベルの言葉に翻訳できるようになるスピードのほうが早いのではないかと思っています。ただ、試しにウェブの機械翻訳をおこなってみましたが、やはりまだまだ自然な日本語に訳せるようになるにはもう少し時間がかかるかな、といった印象があります。

機械翻訳例
(クリックすると大きな画像で読めます)

これはアメリカ製のエレキギターとメキシコ製のエレキギターの違いについて書いてある文章ですが、正直言って、かなり頭を使って想像しながら読まなければ書いてある内容を理解することはできません。また「音の違いを生むん」とか「仕上がっが」などという、明らかに日本語の文法をコンピュータが誤っている部分も見受けられます。日本語でこれだけの翻訳ミスがあるということは、私たちが日本語で書いた文章を英語に翻訳した場合も同じくらいに理解しにくい英語の文章になっているということを意味するわけです。これでは残念ながらスムーズなコミュニケーションは図れないように感じます。

しかしそれでも現時点でこれだけ機械が無条件にここまで翻訳できれば大したものです。きっとあと数年、少なくとも10年の期間は要らないと思いますが、の間にほぼ95%以上部分を自然な文章に翻訳できるように進化できると私は確信しています。

そうなれば、私たちは少なくともインターネットの世界においては英語などの外国語を勉強する必要は無くなるのです。面と向かって交渉をおこなわなければならない人などにとってはやはり自分で現地の言葉を使ってコミュニケーションを図ることはとても大切な能力になってきますが、そうではなくてウェブ上でビジネスをおこなったり、文章を書いたりする人たちにとっては「外国語をマスターする」という苦行をおこなわなくても、その人は外国の人とビジネスのやり取りができたり、あるいはその人が日本語で書いた文章が外国語に翻訳されて読まれることになるのです。

そのインパクトの強さがどれほどすごいか、想像できるでしょうか?例えば、ほんの数人にだけ読んでもらおうと思って何気なくアップしたブログの記事が、世界中の人たちに読まれる可能性がある、ということです。そしてその文章を読んだ外国の方がその人の言葉で感想を書き込んだとしても、それも自動翻訳で日本語で筆者は読むことができるわけです。

そうなれば、もう英語なんてマスターしなくてもウェブの世界では世界の人たちを分断していた障害は完全に取り払われてしまうことになるわけです。もう外国語なんてマスターしなくても海外のどの国の人ともコミュニケーションをとることができるのです。このインパクトはきっと想像している以上に凄いですよ。

そういう夢のような世界が、きっとあと数年で実現するのではないかと期待しています。そういう時代がもう少しでくることを、とてもワクワクした気持ちで私は待っています。その時たぶん世界は大きく変わると思いますね。きっと想像もできないほど国境や文化、政治やビジネス、マスコミなどというもののイメージが変わることになると思っています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2617-f1865df1

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。