税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 健康 > 歯のケアのお話 歯磨き粉  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯のケアのお話 歯磨き粉

2015 - 11/20 [Fri] - 10:43

年齢を重ねてきますと、悲しいことに歯に必ず何らかのトラブルが生じます。虫歯がひどくなったり、歯槽膿漏が悪くなって、最悪歯を失うこともあります。

アセスシリーズ

歯医者さんもしばしば言っておられるように、歯のケアに一番大切なのは自分で行なうブラッシングだと思います。でもブラッシングだけではどうしても足りないことがあるので、歯槽膿漏などが進行しないように歯磨き粉などで薬効成分を取り入れる必要があると思います。

そういう歯槽膿漏対策の歯磨き粉って色いろあって私もいろいろ試してきましたが、一番良さそうなのはアセスかな、と思っているところです。

アセス

これはですね、まあ、私自身が使って塩味とともに歯茎の引き締め感があることを実感したこともありますが、それよりも、私のサラリーマン時代の元上司が長年愛用しているからですね。一年ほど前に一緒にお酒を飲んでいた時に、その元上司が「僕は元々歯は丈夫なんだけど歯茎が弱くて。で、嫁が『これ使ったら』と買ってきてくれた歯磨きを使って毎日歯を磨いたらいまでも歯が全部残ってるよ。だからきっとあの歯磨きで歯を磨いてるおかげだと思う。」と話していたわけです。

で、私もいろいろ歯磨き粉を試していたのですが、一年経って先日その元上司と再びお酒を飲んだ時に尋ねてみたら「ああ、アノ歯磨き粉はアセス。もうここ30年以上使ってるなぁ。フランスに一年滞在した時も、これだけは持って行ったわ(笑)。」と言うわけです。その元上司は今年確か75歳。75歳まで自分の歯が全部残っていれば、私にとっては理想です(笑)。

と、いうことでアセスがオススメ、というわけです。

でも、私がいま使っているのはこちら、デントヘルス。

デントヘルス

最近の私はデントヘルスとアセスを交互に試していたところで、たまたまいまデントヘルスを使っている、ということなのです(笑)。きっと歯槽膿漏の歯磨きとしてはデントヘルスとアセスが日本の一般向け商品としては双璧だと思います。どちらも医薬品ですしね。なので薬局とかドラッグストアに行かないと売っていません。

デントヘルスは味がアセスほど強くなく、マイルドです。慣れてくると、その無味感が心地よいのです。きっとデントヘルスでもアセスでもどちらでもよいのでしょうが、先日元上司がアセスを使って歯の健康を維持していると聞いたので、次はアセスにしようと思っているところです(笑)。

ちなみに、こういう医薬品の歯磨きは歯を磨いた後に口をゆすぐ必要はありません。なぜなら研磨剤などの身体に悪い成分が入っていないため、飲み込んでも安全だからです。最初は口をゆすがないことに違和感を感じますが、慣れればそれも気にならなくなりますし、確かにゆすがないほうが薬効が長く口内に残っているようにかんじます。

年齢を重ねて歯に不安を感じるようになっておられたら、一度こういう医薬品の歯磨きを使ってみてもいいと思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2588-78759e29

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。