税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > ウィンドウズ10、IMEの問題は早く直して!  

ウィンドウズ10、IMEの問題は早く直して!

2015 - 11/18 [Wed] - 00:53

ウィンドウズ10、メジャーアップデートも行って最新版を使っているわけですが、あいかわらずウィンドウズに最初からインストールされているアプリや機能を使うための日本語入力を行なう際、MS-IME以外の日本語入力ソフトを使って日本語を入力することができません。

Windows10

これ、この間もブログに書きましたけれども、本当に困ります。不便で仕方ありません。以前ネットで調べた時には、IMEを再インストールすれば使えるようになる、と書かれている情報も見つけましたが、以前トライした時にうまくいかなかったのでメジャーアップデート後も試していません。

こうやってクロームや他社製のエディターを使って文章を書いたりする際にはグーグル日本語入力やATOKも使えるのですが、カレンダーやパーソンなどのウィンドウズに最初からインストールされているアプリに日本語で入力しようとすると、とたんにダメです。英語しか書けなくなるので、結局そういう時はしょうがないのでMS-IMEにいちいち切り替えてから入力せざるを得ません。

確かに最近のMS-IMEは昔と比べると品質が良くなっているのかもしれませんが、できれば慣れているIMEを使いたいという気持ちも強いんですよね。特に同じ単語を繰り返し変換するときなどは、ATOKならすぐに学習して二回目から同じ漢字変換候補を出してくれますが、グーグルやMSではそこがうまくいかず、長文を書くような場合にはしばしば思い通りの変換候補が出てこないでイライラすることがあります。

私はウィンドウズ8シリーズを使っていなかったので、よくわからないのですが、なぜ7まで普通に出来ていた他社製IMEの利用が10からできなくなったのか不思議でしかたありません。メジャーアップデートに際してこの点が改善されているのかと思っていましたが、やはり改善されておらず大変不満に思っています。

グーグル日本語入力については、サイトを見ていますとグーグルのほうでウィンドウズ10対応を現在行っている最中のようですね。まだ環境によってうまく日本語が使えないこともあるようで、もう少し様子見を行おうかと思っています。ウィンドウズという土台のOSが新しくなったので、その上で走るIMEというソフトも新しいOSに適応していなければうまく動作しないのかもしれませんが、従来であれば古いIMEであっても新しいウィンドウズOSで問題なく使えたものです。

ウィンドウズ10自体は、インストールしているマシンによってそれぞれ多少のぎこちなさはあるにしろ、個人的にはとても期待を寄せているOSで、デザイン・機能的には結構好きです。ですが、IMEの問題だけは全マシン共通してアウトなので、ウィンドウズ側にも何らかの原因があるのであれば、早急に対応、またはアナウンスを行ってほしいものだと願います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2586-f3524611

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード