税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 消費税はやっぱり複数税率?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税はやっぱり複数税率?

2015 - 10/11 [Sun] - 12:55

10%の税率導入時における軽減策について少し迷走してますね。先日財務省がマイナンバーカードを利用した一人あたり年間4千円の還付案を公表したと思ったところ、公明党をはじめとする与党、そして世間からも相当なバッシングを浴び、結局これはなしになりそうな感じです。

もちろん、このアイデアは打ち上げ花火的なところもあったのでしょうけれども、予想以上に反発が強くて政府・財務省も少しびっくりしているのではないでしょうか。大体どんな税制改正法案も、省庁主導で案が出てきた場合にはほぼそのままの形ですんなり法案が可決・施行されることが多いのですが、今回はちょっと違いましたね。

で、この度の内閣改造では自民党の野田税調会長が「更迭」された、との報道で、後任人事が出ていましたね。

<野田氏「更迭」>還付金案、見送りへ 軽減税率の検討加速

記事にもありますように、財務省案を支持し、軽減税率導入にやや積極的でなかった野田税調会長がその役から外れることによって、軽減税率導入に対して政府・与党がより積極的になるのではないかと言われています。

さあ、この動きに対して税理士会や税政連はどう動くつもりでしょうか。単一税率支持と軽減税率反対を強行に訴えている税理士会と税政連ですが、反対をただ反対と唱えているだけであれば、先日の安保法案に反対して国会前でデモを行っていたわけわかんない連中とやってることは同じです。共産党や社民党のように「ダメなものはダメ」と言っているだけでは、なにも建設的な議論になりません。

「基本的には軽減税率導入には反対の姿勢だけれども、もし仮に軽減税率を導入するとしたら、せめてこういうシステムを導入したら少しは生活者や事業者の負担が減るのではないか?」という建設的なアイデアは提言することも大切だと思いますよ。だって税理士には税法に決められたことに反して業務を行うことは許されていないのですから、もし軽減税率案で消費税法改正が行われれば、それにはどのみち粛々と従わなければならないのですからね。だとしたら、少しでもその際に税理士業界のアイデアが反映されるように腐心することも大切だと思いますね。

そう、どういう改正内容であれ、税制が改正されればいち早くそれに対応するのは我々税理士なのですから、政府・与党の風向きが再び軽減税率に変わってきているのであれば、税理士会・税政連として相変わらず反対一辺倒を叫び倒す、という選択ももちろんないことはありませんが、それは正直いってあまりに情けない対応だと思います。

今回も、まるで「公認会計士に対する税理士試験一部合格義務化」を叫び倒して完璧なまでに玉砕してしまったデジャヴを見ているかのようです(笑)。あんなブサイクな話は近年の税理士業界を取り巻く話の中でも見たことがないほどのものでしたが、今回の軽減税率反対活動についても、そんなブサイクなことにならないようにして欲しいと願いますね。

税の世界は政治や思惑とともに動くもの。その税の世界で行きている我々税理士としても、ひとつの「正論」や「正答」だけを主張するのではなく、様々な政治の影響を考慮して「税の世界」に対応していくことをもっと柔軟に考える必要があると思います。正論を正論と主張し、反対と反対と主張するだけなら誰にだってできるし、そんなの共産党、社民党や労働組合やデモ隊の連中とやってることは一緒です。

それじゃあ税の専門家としてあまりに恥ずかしいので、「仮の話」であったとしても軽減税率が導入された時のことも考えて、それに対するより良い解決策の策定に知恵を絞る必要もあるのではないでしょうか?「いや、税理士会として軽減税率反対を決めた以上、最後まで軽減税率反対一本でいく!」と会のトップはおっしゃるのでしょうけれども、あまりに反対一辺倒だったら、いざ軽減税率が導入された時に会としてカッコつかないでしょうに。今後の政治との関係にも悪影響を与えかねませんか?

「反対だけど、しかしベストな対応策は提言したい」、そういう懐の深さも税の世界に生きる税理士の業界団体としては持ちあわせておいて損はないのではないでしょうか?政治に対して頑なな主張を行なうことが、今まで税理士業界に良い影響を与えてきたのかどうかしっかりと検証し、デメリットも決して少なくなかった、と反省されるのであれば、税制改正や政治というものに対する関わり方を見直していく必要もあるのではないかと思いますねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2548-ff5cdde8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。