税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 社会・経済 > マイナンバーの通知が今月から始まります  

マイナンバーの通知が今月から始まります

2015 - 10/01 [Thu] - 10:07

いよいよ10月になりまして、今月からマイナンバーの通知が始まりますね。今日もテレビを観ていますと、マイナンバーの話題をやっていて「今月から簡易書留でマイナンバーの通知が世帯主宛に送られます」とのことでした。

話は全然変わりますけど、左翼って不思議な人たちですね(笑)。だって以前の住基カードの時にはプライバシーがどうのこうの、とか言って大騒ぎして反対したのに、今回のマイナンバーの方が遙かにプライバシーを国が一元管理することになるのに、このマイナンバー制度については左翼の人たちが大騒ぎして反対しているのなんて聞いたことありません。

左翼の人たちが何を基準にして国や政府がやることに対して反対するのかワケ分からないですね(笑)。マイナンバー制度なんて、左翼であればまさに導入反対を狂ったように叫ばなければならないはずのテーマであるにもかかわらず、全く表立って騒いでいるようには見えません。

ま、それはいいんですけど、マイナンバーは簡易書留で全世帯に日本郵便を通じて郵送される、ということなんですけれども、これ、本当に全世帯に行き渡るのでしょうか?当然ですけど、配達時に不在の家庭って山ほどあるはずですよね。何度か郵便配達の方が不在通知をポストに入れながらも再配達をしてくれるのでしょうが、それでも受け取れなかった場合には郵便局預かりになって郵便局まで受取に出向くんですかね?

で、そうなった時に果たして全員がそのマイナンバー通知を郵便局まで受取に出向くでしょうか?だって、別に自分の生活に役立つわけでもなんでもない通知なのに。それと、先ほどの左翼の話に戻りますけど、このマイナンバーの通知の簡易書留の受取を拒否したらどうなるんでしょうね?過激な思想を持った左翼の方たちなら、受取拒否だってするんじゃないでしょうかね?

そう人が世の中に多ければ、確かにマイナンバー通知を受け取らない人が多くて、返送されてきた通知の処分に総務省あたりの雇われ人(発送代行している業者さん)は困ると思いますけど、別に拒否した個人のマイナンバーがなくなるわけではないですからね。マイナンバーは住民票がある限り既に割り当てられているのですから、通知の受取を拒否するということは、その受取を拒否した本人が自分のマイナンバーを知らない、というだけの話になるわけですよね?

あと、アナーキーな人は、自分の勤め先からマイナンバーを教えるように連絡を受けた際に、「オレはマイナンバー制度には反対しているから、会社にもマイナンバーは教えない」と拒否するかも知れませんね。まあ、でもそういうのは政府も当然織り込み済みでして、そういう人に対する会社側の対処法も指示してありますが、しかし、もし万が一そういうマイナンバーを教えないという人が想定以上にたくさんいるとどうなるんでしょうね。

マイナンバー、これからの制度ですけど、いろいろと想像してみますと障害はたくさんありそうですね。まずはマイナンバー通知がキチンと全国民に行き渡るのか、紛失しないのか、他人が盗むことはないのか、等々。そして仮にマイナンバー通知が全国民に行き渡ったとしても、国民の全員がマイナンバーを勤め先や取引先にきちんと教えてくれるのか。それと根本的な話として、住民登録をしていない人、いわゆる住所不定者のマイナンバーはどうなっているのか、という疑問もあります。

基本的に国や自治体が国民や住民を管理するための番号付け制度ですから、私たち民間人にとってはハッキリ言って不便なことばかりで、メリットなど基本的にありません。住民票や戸籍が取りやすい、つったって、そんなに毎日住民票や戸籍を取る必要も在りませんからねぇ(笑)。

「国民がマイナンバーを会社などに報告をおこなわないなど、国の期待どおりマイナンバーをしかるべき報告先にしっかりと通知できなければマイナンバー制度は崩壊する」などと言う人もいるみたいですが、それはどうでしょうか。国としては別に最初から100%の実施率を期待なんかしてこの制度を導入しようとしていませんから、それは別にたいした問題だとは捉えていないのではないでしょうか。

ただ、以前からこのマイナンバー制度について記事を書いていますように、マイナンバー制度は国民を公平に管理するための制度ですから、マイナンバーを利用しないことで狡賢い人がトクをする制度であってはなりません。マイナンバーをワザと通知しないような人や、マイナンバーが付番されていない国民が何かにつけて損をする制度でなければ意味がありません。

高速道路におけるETCカードの導入と一緒で、ETCを取り付けた人が損をするのならETCなど自腹を切って車に取り付ける必要性などゼロです。マイナンバー制度も、どうせ導入するのであれば、それを積極的に活用しようとしない人が年金や健康保険、税などの面で損をするような制度にしなければ、正直者がバカを見るだけに終わるので、その点はしっかりと制度構築して欲しいと願いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2533-eff2db72

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード