税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会・経済 > 65歳以上の割合が26.7%  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

65歳以上の割合が26.7%

2015 - 10/01 [Thu] - 01:09

すみません、いささか古い話題ですが。

先日敬老の日を迎え、テレビには驚くほど元気なオーバー100歳のツワモノおじいちゃん、おばあちゃんたちが出てきて、私たちをも大いに勇気づけてくれました。ちょっと前のテレビに出てくる100歳越えの方たちって、目も耳もダメになって、車いすに座ったままやベッドに寝たきりで生きてるのか死んでるのかよくわからないような人たちも少なくなかったですが、最近の100歳は違います。

100歳を超えてなお、あれだけ元気に活動できるのであれば、中年になったからといって年を取ったとか、老け込んだ、なんて言ってられません(笑)。彼らを見習って、そして彼らの長寿を実現させた生活習慣を学んで、私たちも少しでも彼らに近づけるように健康と元気を維持したいと意を強くしました。

それはそれでとても明るくて、希望を与えてくれる話題だったのですが、しかし同時に敬老の人の報道では「日本の人口に占める65歳以上の割合が26.7%になった」とも報じられていました。気が付いたらとうとう25%を超えてしまったんですね。

日本に住んでいる人のうち、4人に1人は65歳以上の高齢者ですよ。もちろん今の65歳はすごく元気ですけれども、しかし65歳は65歳です。女性はもう子供を産むことができませんし、会社員としては定年を迎えて引退を強制される年齢です。社会から引退を勧告される人たちが日本の人口の4分の1を占めているのです。そう考えるとかなり衝撃的な数字です。

内閣府の資料によれば、日本の人口構成の推移は次のようになると予想されています。

高齢化の推移

この資料によれば、10年後には10人に3人が65歳以上となり、20年後には3人に1人が65歳以上、そして30年後にはほぼ10人に4人が65歳になるという、恐ろしい数字が出ています。確かに最近の高齢者は医学の進歩やご本人の健康に対する意識の高さもあって驚くほど元気ですけれども、先ほども書きましたように社会において引退を勧告される年齢であることも間違いありません。

これからの高齢化社会を見越して、彼らをもっと社会で活用すべき、という意見があります。確かにそれは一つのアイデアではあるのですが、世の中健康で、元気で、前向きな高齢者ばかりが増えると思ったら大間違いです。実際に高齢者が全人口の3分の1を占めるような社会になってくれば、世の中に背中が曲がったり、車いすに乗ったり、あるいはとても理性的とは言えないような行動をしているような老人が目に見えて街中に増えるはずです。

そうなったときの社会の活力のなさや、閉塞感のようなものが人々の心の中を覆ってしまうのが心配なんですよね。しばしば老人の介護は赤ちゃんを育てることに例えられることがありますが、現実的に考えればこれは大いに違いますからね。だって赤ちゃんは確かに24時間つきっきりで見守らなければなりませんが、赤ちゃんは確実に成長して手がかからなくなります。

一方老人介護は違いますからね。赤ちゃんとは全く逆で、時間が経てば経つほど体も弱り、頭もぼけてどんどん手を取られ、そして精神的にもしんどくなっていくのです。これから手がかからなくなり希望と楽しみを与えてくれる人の面倒を見ることと、これから死に近づいていってどんどん手がかかって精神的にも経済的にも負担が重くなる人の面倒を見なければならないことの違いはけた違いに大きいです。

それだけ高齢者が増えてくれば、当然ながら彼らの面倒を日本全体としてどうやって見ていくか、という問題が大きくのしかかってきます。高齢者が増えれば、彼らに支払う年金も増える、彼らの医療にかかる費用も増える、介護にかかる費用も増える、しかしながら働いて稼いでくれる人はどんどん減る、と、考えるだけで空恐ろしくなります。

そしてとうとう日本の人口のうち4人に1人が高齢者になりました。先ほどのグラフだけ見ていますと、のんびり高齢者が増えていくようにも見えますが、現実の社会においてはきっと想像以上のペースで高齢者が増えていくように思えるはずです。高齢者が増えても彼らがみんな健康で元気なら何の問題もないのですが、残念ながらかなりの人が健康を害し、あたまが惚け、そして社会から消えていく存在になります。

何か社会としてできることを手を打っておかなければ、本当にマズい時期に差し掛かっているような気がします・・。私自身良いアイデアは思いつきませんけれども。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2532-439fa85c

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。