税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > ネット国勢調査、便利ですね!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット国勢調査、便利ですね!

2015 - 09/13 [Sun] - 02:10

皆さんのお手元にも国勢調査の書類が届いていると思いますが、今回の国勢調査ではまずネットで回答することになっています。

国勢調査

ご回答なさった方ならお感じになったと思いますけれども、便利ですねぇ。ITの一番便利な使い方の一つですよね。こうすることによって紙の回答用紙を作成する必要もないですし、それを配ったり回収、さらには記載内容をパソコンに入力作業を行う人手も大きく削減できますものね。

こういったシステム、もっと幅広く活用してほしいですね。やっぱり一番活用してほしいのは、選挙ですかね。国勢調査でできたのですから、きっと選挙においてもシステム自体はすぐ作れると思うのですが、国勢調査と選挙が異なる点は、やはり「利害」が絡むところですかね。

選挙の場合は、国勢調査と同じようにIDとパスワードを配布してネット経由で投票するシステムにしてしまいますと、本人に成りすますことが簡単にできてしまいますからね。有権者にお金を渡してIDやパスワードが書かれた用紙を買収して票をかき集めるような人がすぐ暗躍しそうですものね。

でも来年にはマイナンバーが全国民にいきわたるわけですから、マイナンバーカードとカードリーダーを持っている人に限ってネット投票を解禁してはどうでしょうか?あるいはマイナンバーを画面上で入力することによって本人確認が行われた、とすることにしてもよいかもしれません。もちろん、紙投票と同様に投票の秘密は保持できるよう、誰がどの候補に票を入れたかは一切わからないようにシステムを作る必要はあります。

まあ、いずれにしても近所の顔見知りがいるかもしれない従来の紙投票の制度と比べれば、どんな本人確認の作業を行おうとしょせん第三者が誰もいない場所でパソコンを使って投票するわけですから、成りすまし投票などの不正行為を100%防ぐことは不可能だろうと思います。

しかし今回の国勢調査で感じたように、デジタル機器とネットに慣れた世代にとってはパソコンやスマホを使って選挙投票ができるのはものすごく便利です。ですから、そういう世代にとっては投票に対する抵抗感が薄れ、選挙が身近に感じられることによって、投票率アップにかなり役立つのではないかと思うのです。

まるでヤフーアンケートにでも回答する気軽さで、国政や地方議会に関する選挙に投票するのではないかと思うのです。そうやって従来よりも多くの有権者が選挙に参加することが期待されるのであれば、一部の特殊な連中が行う恐れがあるかもしれない不正投票については投票における誤差としてこの際目をつぶってもよいのかもしれません。

ちょっと前の国政選挙でもネット選挙解禁といわれましたけれども、あれは結局選挙活動がネットでもできるようになったというだけのこと。本当のネット選挙は、投票がネット経由でできるようになることです。今回の国勢調査のネット利用者の数が多ければ、選挙におけるネット投票実現もぐっと近づいてくるかもしれませんね。

これでまたさらに便利な社会になるような気がしています。今回の国勢調査のネット回答、なんかちょっといい感じです。


関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2517-a4447d58

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。