税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 仕事中のノンアルビール、あり?なし?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事中のノンアルビール、あり?なし?

2015 - 08/31 [Mon] - 13:01

仕事中にノンアルコールビールを飲むことについて皆さんはどうお考えですか?以前にも同じテーマでブログを書いた気もしますが、またまたネットでそういう記事を見つけたもんですから、改めて書いてみましょう。

仕事中の「ノンアルビール」に賛否 「ありえない!」VS「ノンアルだからいいじゃん!」

私個人の意見としましては、「全く問題ない」ですね。だって「ノンアルコール」なんですから、仕事には全く支障が出ないはず。もっと言えば、海外の企業では昼食にワインなどのアルコールを飲むのが普通であることも少なくありませんし、日本においても社内における接待の場においては昼食からアルコールを飲むことも珍しくありませんからね。

世界的に見ればそういった慣習があるのですから、今の普段の日本の職場のように勤務中はアルコール禁止!という暗黙の了解の中でノンアルコールビールを飲むことくらい、全く問題はないと思いますね。逆にそれを批判している人がいるのなら、なぜダメなのか合理的な理由を聞きたいですね。

だって誰にも迷惑かけるわけでもないし、業務の効率が落ちるわけでもないですからね。タバコと比べてみればよくわかりますが、喫煙している間職場を離れるわけでもありませんし、周囲の人に臭いや煙で不快な思いをさせたり、健康面での迷惑を掛けることもありません。そうやってタバコと比べてみても、職場でノンアルコールビールを飲むことなどなんの支障もないと思いますね。

リンク先の記事を見ていますと、反対派の意見として「そもそも仕事中に『ビール』と名前のついた飲み物を飲んでいること自体がけしからん」と言ったものがあるようです。なるほど、仕事中に「ビールと名前のついた飲み物を飲んで、ビールを飲んだ気分になっていることが緊張感を欠いて許せない」と言いたいのですかね?

でも、別に「ビールを飲んだ気分になる」ことのどこが悪いって言うのでしょうか?それが仕事の判断に影響を与えるのであれば問題でしょうが、ノンアルを飲んだからといって判断悪影響を与えることってあるでしょうか?

それに、そもそもの話をさせてもらえれば、「ビール」という名前のついた飲み物を飲むのがけしからん、という話ですが、じゃ、ジンジャーエールはどうなんでしょうか?(笑) ご存じですか、ジンジャーエールって、元々ビールベースの飲み物の名前ですよ(笑)。

「エール」って、そもそもビールのことですからね。ジンジャーって、ご存じのとおりショウガです。ええ、ジンジャーエールって、そもそもビールにショウガを混ぜたカクテルのようなお酒のことを言うんですよ?

リアルジンジャーエール

今ではジュースとしてのジンジャーエールの意味合いの方が強いのは事実でしょうが、「ビールという名前のついた飲み物を仕事中に飲むのがけしからん」と言うのであれば、そもそも論の話をする必要が在るんじゃないかと思いますねぇ。だったら、「エール」という名前のついたノンアルコール飲料を仕事中に飲むのはどうなんですか?もっと言えば、「エール」と名前のついた飲み物を子供が飲んでいることはどうなんですか?

ええ、だから未成年がノンアルビールを飲むことも、別に問題だと思いませんよ。だって「ノンアル」なんですもの。それを飲んで「美味しい」と思えば、アルコールが飲める年齢になってガンガン呑めばいいじゃないですか。逆に「美味しくない、変な味」と思えば、別にアルコールに興味ももたないでしょうし。

ジンジャーエールを子供が飲んでいる状況にあるのに、なんでノンアルビールだけとやかく言われるのか少し不思議ですね。「名前がどうの」とか「仕事中にビールを飲んでいる気分になることがどうの」とか言いますけど、だからどうなんですか、それが。実際のところ、ノンアルビールを100本飲んだって全く酔わないのに、何の問題があるのか不思議で仕方ありません。

気分の問題、って言うのであれば、仕事中に休憩を取ってリフレッシュすることだって無意味だ、って言っているのと同じじゃないですか。仕事中に休憩してリフレッシュするのは、気分転換できて疲れた気分が減少し、仕事の効率が上がるからするわけでしょう?だったらノンアルビールを飲むことについても、それで気分がリフレッシュしてリラックスできるのなら効果があるじゃないですか。

人それぞれリフレッシュや気分転換の方法ってあるじゃないですか。体操をすることでリフレッシュできる人もいれば、昼寝をすることでリフレッシュする人もいます。飲み物を飲んでリフレッシュする人もいれば、タバコを吸ってリフレッシュする人もいます。ノンアルビールを飲むこともそういったリフレッシュの一つの方法だと思いますし、タバコを吸うリフレッシュ方に比べれば、仕事の効率も落ちないし、今の時代は分煙の時代なので、愛煙家の人たちのために喫煙スペースなどの設備を設置する必要もないのでずっとマシだと思います。

と、いうことで、私はノンアルコールビールを仕事中に飲むことについては全く問題点を見出していません。とはいえ、もちろんいろんなご意見もあると思いますので、皆さんはどのようにお考えになられますか?職場でトラブルが起きないように、ハッキリとこの際ルールを決めておくのがよいようには思いますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2499-7cf404f3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。