税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 深夜に出歩く子供、親の責任は?  

深夜に出歩く子供、親の責任は?

2015 - 08/25 [Tue] - 15:54

先日の高槻で起きた連れ去り事件、結局最悪の結末でしたね。最初に中1女子の遺体が見つかったわけですが、その後犯人逮捕と同時にもう1人の中1男子の遺体も発見。事件の経緯は少しずつ明らかになってきていますが、容疑者本人が黙秘を続けていることもあって肝心なところがまだ明らかになっていません。

深夜に出歩く子供、親の責任は 大阪中1殺害事件でネット論議

そんななか、ネットでは、夜中に子供が出歩いて事件に巻き込まれるのは親にも責任があるのではないか、という声が強くなってきているのだとか。

本当にねぇ、昨日もニュースで中1男子の葬式の様子が放送されていましたが、何と言いますか、なんとも言えないお葬式ですよ、これは。だって殺害されてから、夏の暑い中ほぼ1週間竹林に放置されていたわけですからね。もうそれは人の形をしてないですよ、腐っちゃって。当然ウジとかも湧いているでしょうしね、我が子がそんな姿になってかえってきたら、気が狂いますよ。

抱きしめるにも抱きしめられない状態。凄い臭いを放って、顔には粘着テープが貼られていた、ということですが、そんなもの粘着テープなんか取っちゃったらかろうじて残っていた顔の肉まで全部取れちゃいます・・。葬儀会社の人だってどうやって棺に入れたのか知りませんけど、ときどきこういう死後の時間経過が大きいご遺体の葬儀などもやるでしょうから、そういうこともプロとして対応できるのでしょうか。

事故や自殺でなくなった方などはお葬式にお別れを告げることができる程度に顔などは医者が修復してあげるわけですが、今回などどう処置をしたのでしょうか。死因も特定できないほど腐ってグチャグチャになっている遺体の修復などするのでしょうか?それとももうそのまま袋か何かに入れた状態で棺に入れてしまうのでしょうか・・。

葬式にみんな悲しみの中参列するわけですが、友達はもちろん近親者ですら普通の葬式のように最後に顔を見ることだってできません。ご遺体の周りにお花を供えることだってまず不可能でしょう。通常の葬式では、一般者が葬儀に参列したあと、棺を釘打ちする前に親族だけ最後のお別れをするわけですが、その時の様子を想像するだけでも、もう何と言ったらよいのか分からないほどです。

まだ中1のかわいい子供なのに、見るに見られないような姿で見つかって、お別れを告げようにも告げられないような姿で棺に入れられて、そんな悲しい葬式、そして悲しい別れ方なんてありますか?参列した誰もが心のトラウマになるくらい、なんとも言いようのない悲しいお葬式だと思います。

被害者の親御さんの心情はいかばかりかとおもいます、それは本当に。こんな姿で自分の子供が帰ってきて、そしてこんな悲しい葬式をして送ってあげることしかできない無念さと空しさ。「こんなことになるんだったら、子供を夜遊びに行かせなければよかった」という後悔は、私たちが批判するまでもなく、痛いほど感じていると思います。

もちろん、一番悪いのは、この事件の犯人なんです。この犯人も同じような監禁事件を起こした前科があり、服役中の養父(それも一つ年上なだけ。たぶん前科をわかりにくく改姓するために養子縁組したのでしょう)がいて、そして自身も昨年まで何かの事件で服役しており、その最中に書いていた手紙の中身に寄れば、獄中結婚した奥さんとその連れ子もいるのだとか。

もう、こんなの札付きのワルじゃないですか。こんなの更生なんか不可能ですよ。身内が全員服役経験がある、って凄い家族構成ですよ。差別するな、って批判をなさる方もおられると思いますけど、これだけ前科だらけの家族とリスクを感じずに普通に付き合える人は、申し訳ないんですが、同じ境遇の人以外なかなかいないのではないでしょうか。

そしてそんな境遇にいる男が、出所して1年も経たないうちにこんな殺人事件を起こしてしまって、現在黙秘中です。そりゃ、一番悪いのはこの男ですよ、間違いなく。でも、でも、ですよ、被害者や被害者の親御さんになんの落ち度もなかったのか?といえば、酷なようですが、それは違うと思うんです。

悲しみにうちひしがれている被害者の親御さんに追い打ちをかけるようなことを書くのは申し訳ないのですけれども、でも今後同じような事件が起きないためにも、敢えて厳しいことを書きますと、やっぱり中学1年生の子供が、子供だけで商店街を夜通し歩き回っている状況というのは異常だと思うんですよね。聞けば、そういう状況が日常的であったとも言いますしねぇ。

なんで子供が夜中に遊んでいることがよくないか、といえば、今回の事件のように、良からぬことを考えている年長者によって犯罪に巻き込まれる可能性が高まるからなんです。夜中にフラフラ歩き回っている子供って、やっぱり心のどこかに犯罪に巻き込まれやすい隙や弱みを持っていると思うんです。騙されたり、脅されたり、口車に乗りやすい状況にあると思うんですよね。今回の事件だって、夜歩きさえしていなければ100%事件に巻き込まれなかったわけですからね。

心のどこかに寂しさがあるから、夜中に街に出ると思うんですね。そうすると、もともと寂しいわけですから、ちょっと優しげに声を掛けてきた人をすぐ信用してついていったりしがちですし、逆に夜に徘徊しているという後ろめたさもあって、警察や先生を装った人間などがいればすぐに騙されてしまう恐れもあるんですよね。何しろ、まだまだほんの中学1年生ですからね、ワルい連中にすぐ騙されちゃいます。

そういう状況に子供を置かないのは親の責任だと思うんですね。大切に思っている子供であれば、なおさら夜中に歩き回るようなことをさせちゃいけないと思うんです。それで今回のような事件に巻き込まれて子供が殺されてしまったとしたら、半分くらいは親の責任だとも思うわけです。厳しい言い方をすれば、親が子供を大切にしていないから死なせてしまったようなものだとも言えるわけです。

今回の事件の被害者の親御さんにしてみれば「そんなもの百も承知しています。そんなこと言って私たちをこれ以上追い詰めないでください」と言いたいところだとは思いますけれども、そういう親御さんをこれ以上増やさないためにも、せめて高校を卒業するまでは親がしっかりと子供の生活を管理する義務があるのではないかと思いますね。

ずっと昔にこのブログに書いたような気がするんですけど、よく世の中では「子供にも人権がある」なんてことを言いますけれども、個人的には子供に人権なんてないと思ってます。だって一人で生活できず、親が面倒をみてあげなければ一人前になれない状態にあるのなら、そんな何もできない子供にいっちょまえの人権なんかなんであるのでしょうか?でも子供に人権がない代わりに、親には子供を一人前に育てるとても重たい義務が課せられているんです。

親が気も休まらないような注意を払って子供を一人前に育ててこそ、ようやく親はその子育ての義務から解放され、そして子供は1人の人間として権利と義務を負えるようになると思うんです。それなのに、子供を夜遊びさせてほったらかしておいても平気でいられるなんて、それは子供を信頼しているんじゃなくて、ただ単に親が自分の子育て義務を放棄して楽をしているだけだと言われても仕方ありません。

もし子供のことが大好きで、大切にしているのであれば、ぜひ親御さんは子供を自由に野放しにして放し飼いのような育て方はしないでください。四六時中つきまとって過保護になるのは別の問題がありますけれども、とりあえず帰宅時間を守らせるとか、夜ホイホイ遊びに行かせないとか、勉強をきちっとさせるとか、そういった基本的な部分はしっかりと親御さんが管理してください。

それは子供がよい人間として一人前になり、そして幸せな人生を送るために親がしてあげられる最高のプレゼントだと思ってください。そうやって大切に育てられた子供は幸せな人生を送る可能性が高く、そして自分が育ったのと同じ家庭を築き、また幸せな子供を育てていってくれるのです。

そういう人生を送らせてあげるように最大限の努力をするのが親の努めだと思っていますし、それがうまくできないと残念ながら今回の被害者になったお子さんたちのような事件に巻き込まれたり、あるいは逆によい家庭を知らずに大人になると加害者のようなムチャクチャな人生を歩むことにもなりかねないのです。

とにかく、親御さんは子供の面倒をしっかり見てあげて下さい。長時間の共働きをしなければ生活ができない、とかいろんな事情はあると思いますけれども、子供は親にとって宝ですからね。宝ならなによりも大切にしてあげないと。もし、そんな事情があったのではなく、端から子育てなどまともにするつもりもない親がいるとすれば、もうそんなの親失格です。そんな親に育てられている子供はかわいそうで、不憫で仕方ありません。

もしそういう親に育てられている子供がいるのなら、社会として何らかの保護をしてあげる仕組み作りが必要な気がします。お節介になってしまうのかも知れませんが、そういう子供を守る社会システムを今以上に構築する必要があるように思いますね。少子高齢化の時代だからこそ、子供は社会にとっても宝ですからね。社会としても子供を大切に育てていけるようにしたいところです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2496-8e1581a4

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード