税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 日本は韓国に自衛隊を派遣する?んなわけないでしょう(笑)  

日本は韓国に自衛隊を派遣する?んなわけないでしょう(笑)

2015 - 08/24 [Mon] - 14:11

いま韓国と北朝鮮が揉めているわけですが、その件に関連して国会で民主党の議員が「韓国と北朝鮮が戦争を始めた場合、日本は自衛隊を派遣するのか?」と尋ね、それに対して安倍総理が明確に「ない」と答えたのだとか。だって、韓国と日本は別に同盟関係があるわけでもなんでもないんですから、んなもん当たり前ですよねぇ?(笑)

ただ、いろんな条件が重なればありえるかも知れませんね。例えば同盟国であるアメリカの国土や民間機などが北朝鮮から直接攻撃を受け、その報復として韓国と共にアメリカが北朝鮮を攻撃する場合とかですね。ただし、ただ単にアメリカが韓国を支援する目的で北朝鮮を攻撃している場合には、アメリカが戦っているからといって日本が後方支援することはないでしょうね。

だって、例え韓国が自衛のために北朝鮮と戦ってそれをアメリカが支援していると言っても、別にアメリカはアメリカの自衛のために北朝鮮と戦っているわけではないので、日本から見ればそんな二次的な集団的自衛の話にまで首を突っ込んでアメリカ軍を支援し始めたらそれこそ世界中でアメリカが参加する全部の戦争に参加しなきゃいけなくなります。さすがにそれは想定していないでしょう。

ま、もちろん国際政治の力学が働く話ですから、そりゃ本来アメリカの自衛でもなんでもない戦争が、「アメリカの自衛のため」という大義名分を掲げられると、日本は参加しなければならなくなるかも知れませんね。それは現実的には十分ありえる話だと思いますよ。

アメリカが日本を戦争に引っ張り出したいために、一つわなを仕掛けて敵国にアメリカの民間の施設などを破壊させるように仕組んでおいて、その敵国がまんまとそのわなにハマってアメリカの民間施設を爆撃でもすれば、アメリカが戦っている理由の中に「民間施設を攻撃された報復として、自衛のために戦う」という大義名分が立つわけで、そうなれば日本はその戦争に参加せざるを得ないでしょうね。

アメリカはそういう「自衛のため」という大義名分を作るのがうまいですからね。古くは太平洋戦争で日本が真珠湾を攻撃したのも、アメリカが日本と開戦する大義名分になりましたし、最近ではWTCが破壊されたのをきっかけにイラクと戦争しましたものね。太平洋戦争の日本もまんまとアメリカにはめられたというのがもっぱらですし、イラク戦争の時は皆さんもご承知のとおり、イラクは大量破壊兵器も持っていなかったし、アルカイダとも特段のつながりはなかったわけですけどね。

もしイラク戦争開戦当時に、今議論になっている集団的自衛権が成立していたとすれば、きっと自衛隊はイラクで戦争をしていたでしょうね。そういう意味では、アメリカが自国の利益のためだけに「自国を攻撃された報復として自衛権を行使」するをいう大義名分を掲げてどこかの国を攻撃したい時には、今後は日本もその戦争の片棒を担ぐようになるでしょうね。

そういう意味では、確かに日本が望まない戦争や、日本にとって戦う大義名分がどうしても理解できないような戦争に日本が巻き込まれる恐れは決してゼロではありません。いえ、今までのアメリカの真珠湾から原爆投下、そしてイラク戦争に至るまでの謀略の数々を見ていれば、そういう望まない戦争に日本が巻き込まれる可能性は非常に高いです。

それでも、そんなことは百も承知の上で日本は集団的自衛権を柱とした安保関連法案を改正せざるを得ないと思うんですよね。その理由は何度も書いていますように、「日本はアメリカに守ってもらっているから」です。それが理由のすべてと言ってもよいです。

ですから、これもこのブログで以前から何度も書いていますように、そういう大義名分が立たない戦争にまで日本が巻き込まれるのがいやだと考えるのであれば、日本は自国の防衛をすべて日本独自の手によって行うべきです。武器や軍人の数の増強やレベルアップも含めて、すべてを日本自前でやることです。

そして日本が中露韓北鮮あたりから侵略や攻撃を受けた際には、すべての対応を日本だけで行うことです。もし仮にこれらの国が一斉に日本に攻め込んできたとしても、どこの国の助けも得ずに日本一国で戦って守るべきです。

・・・しかし、そんなことが日本にできますか?憲法9条がどうのこうの、なんて主張する勘違い平和主義者や国の転覆を謀ろうとしているような左翼の連中がギャーギャー騒いで集団的自衛権の問題ですらこれだけ揉めているのに、日米安保を破棄して日本の防衛を日本一国で賄う、なんてことができないことくらい想像に難くないでしょう。

そういう日本の国内の現状を見た場合、日本の防衛は日米安保に頼るしかないんですよね、現実的に。で、アメリカに日本の防衛の大部分を任せるのであれば、そりゃアメリカが攻撃を受けた際には日本がそのお返しとして助けるために出ていくのは当然ですよね。

言ってみれば、すべてが「しょうがない」の世界の話なんですよね。そんなもの、誰だって戦争なんかしたくないし、日本が攻められるのもいやだし、日本の外に戦争のために出ていくのだって行かない方がいいに決まってるじゃないですか。そんなの、当たり前なんですよ。でも、日本がアメリカに守ってもらっている状況がある以上、日本としてはアメリカに万が一のことがあった場合に「知らぬ、存ぜぬ」で逃げることは許されないんですよ。憲法9条が有ろうと無かろうと、それはしかたないんですよ。

左翼や平和主義者の方が「憲法9条を守れ!」「戦争できる国にするな!」とおっしゃることは尤もですよ。尤もですけど、尤もなことを突き通すだけでは世の中通らないわけです。尤もなことを日本が主張してるだけじゃ、誰も日本をまともに相手にしてくれないし、アメリカだって日本を守る理由が立たなくなるんですよね。なにより尤もなことを主張しているだけでは、日本の平和がどう考えても維持できません。

第三国から日本が攻められた時に守る方法を持っていない状態では、日本の平和や国民の命を守ることなんてできませんもんね、どう考えたって。いま日本を軍事的に守ってくれているのはまぎれもないアメリカなんですから、そのアメリカに守ってもらっている以上アメリカの有事の際には日本がアメリカを助けるのは当然過ぎるほど当然です。憲法9条など、アメリカから見ればなんの理由にもなりません。それが嫌なら自分で守れ、の世界ですやんか。

もう綺麗事じゃないんですよ、全部「しかたないやんか」の世界の話なんです。結局のところ自分の国の防衛を自分で本気で取り組むつもりがないのであれば、日本はこうやって他国が引き起こすであろう戦争に巻き込まれてしまう、ということですよ。それは憲法9条があるとかないとかには関係ないんです。

憲法9条の趣旨を頑なに守りたいのであれば、じゃあ日本は日本人で守れよ、ってことになるんです。場合によっては徴兵制も必要かも知れません。軍事費も増えるでしょうし、自衛隊員も増やさなければならないでしょう。日本を攻めてくる周辺国との争いで死ぬ国民も出るかも知れません。それでもそんなリスクを全部承知の上で、日本人だけで日本を守らなければいけません。もしそれが憲法9条が意図することであれば。

できます、そんなことが?そこまで命をかける覚悟があります?ないのならムードになんとなく流されて「戦争反対!」「平和憲法を守れ!」とかデモなんかに参加しないで下さいよ。平和を本当に守りたいのなら、命をかけてでも守って下さいよ。そこまでできない、あるいはするつもりもない、って言うのなら、セカンドベスト、あるいは現実的な選択をせざるを得ないじゃないですか。

そういうことなんじゃないですか?安保関連法案の話って。私はそう理解しているんですけど。誰だってこれがベストだなんて思ってませんよ。でも今の日本の状況を考えたら、こういう選択をするしか「しかたない」んじゃないでしょうか?

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2494-09aa16e1

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード