税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> > 鋭角に車をデザインすればいいってもんじゃない・・。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋭角に車をデザインすればいいってもんじゃない・・。

2015 - 07/30 [Thu] - 20:22

先日ふと道を走っている現行レスサスISのデザインを見て、こんなふうに感じました。

「ああ、きっとトヨタ(レクサス)のデザイナーたちや開発チームはこのデザインをカッコイイと思って作っているんだろうけど、よく見たらいろんなところが鋭角に尖っているだけじゃないか。まるで一昔前のロボットアニメに登場するロボットのよう。もしかしてこのISを作った人たちのセンスの中では、『カッコイイ=尖って、鋭角になっているもの』なのかも?もしかして、ガンダムみたいな車を作ればカッコ良くなると思っているんじゃないだろうか?」と。

いや、真面目な話、本当にレクサスISがガンダムみたいなものに見えたんですよ。昔のマッハ555(ふるー)でもそうですが、なんか尖ったデザインの車を作れば「先進的、未来的でカッコイイ」と思えてしまうセンスがレクサスデザインチームの人たちの心のどこかにあるのではないでしょうか??

でも、それが車のデザインとしては死ぬほど変なんですよね(笑)。別にアニメのロボットをデザインしているわけじゃないんですから、ロボットの顔や、変身したらロボットになるような車のデザインをしなくてもいいんです。

ええ、ええ、きっと彼らは深層心理の中でガンダムのようなデザインの造形物を作ることに何か憧れのようなものを持っているのではないでしょうか。そうとしか思えないほど、今のレクサスシリーズはすべて鋭角的なデザイン。とにかく角張っていて尖っています。

確かにこんなデザインの車、作るのも大変でしょうし、技術も必要でしょう。でも・・、でも・・、かっこ悪いんですよ、単純に(笑)。なんでカッコイイ車を作ろうとすると、カッコイイロボットを作るセンスが出てくるのか、そこが全然わかりません。もちろんメチャクチャ時間をかけて練り上げたデザインなのだろうとは思いますが、「それがこれ?」の世界なんですよね、完全に自己満足の世界。

もちろん、売れますよ、特に国内では。トヨタの上位ブランドの高級車ですもの。デザインがどうのとか、走りがどうの、とか、そんなことより「トヨタが作る高級車」だから売れているというのが最大の理由でしょうね。だからでしょうか、欧州ではあんまり売れていないみたいですよね、だってデザインが・・、クソだからかな?(笑)。

別に悪者のロボットを倒すために街中をパトロールして走り回っている車じゃないんで(笑)、もうちょっと高級車らしい品のあるデザインにしてもらえないもんでしょうかねぇ。あんな尖っただけのデザインなんか、もっと下位レベルの車で実験的に採用するべきですよ。トヨタのフラッグシップたるレクサスブランドで採用するようなデザインじゃないです。

次のモデル、本当にカッコ良くして下さいよ。「うわー!」ってため息が出るくらい上品で惚れ惚れするようなデザインにして下さいね。もしカッコ良くならなかったら「レクサスって、所詮中身さえよければいいだけの、トヨタのオッサン車。高い金を払えば満足する人たちの所有欲を満たすだけの車」という位置づけで固定させてもらいますね(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2475-56684cf7

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。