税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > > 車がネット経由で自在にコントロールできる!  

車がネット経由で自在にコントロールできる!

2015 - 07/26 [Sun] - 11:07

なかなか衝撃的なニュースが報道されましたね。それはネットに接続されている自動車がハッキングされることによって外部からハンドルはアクセル、ブレーキ操作などができてしまうというもの。

クライスラー、ハッキング対策で140万台リコール

もうまさにターミネーターの世界。自分が運転している車が突然自分の操作に関係なく暴走したり、左右に曲がりだしたりしたら相当な恐怖ですよ。でも今時のように車もネットに接続されて、調子の悪いところを遠隔操作でメンテできるようになっていると、こういうクライスラーのような事例が起きることも十分あり得ますよね。

これからの自動車は自動運転が期待されていますよね。しかし自動運転できるといういことは、ハンドル操作やアクセル・ブレーキ操作がコンピューターによって自動操作されることはもちろんのこと、走行ルートなどの情報は常にネット経由で最新情報を確認しながら自動走行することになるわけですものね。

これが悪意を持った第三者によって不正にコントロールされるなんてことがあったりすれば、そういう自動走行する車なんて走る殺人マシンですよね。車を運転している人も恐怖ですが、周りの人も恐怖ですよね。

ターミネーターみたいに自動走行の車がある日時に一斉に暴走を始めたら、もうそれは阿鼻叫喚の世界。あるいは地図情報を悪意を持った第三者によって操作されたら、道なき道を勝手に車が走り出すかも知れません。高速道路のデータを改変されたりしたら、高速道路を走っている車がすべて同じ場所からダイブしていくかも知れません。ドライバーの意志にかかわらず車が民家に突っ込む、なんて事故が後を絶たないかも知れません。

もっと言えば、国会議事堂や原発などに車をすべて誘導してテロ行為を行うことだって可能になるかも知れませんよね。もちろん爆薬などを積んでいなければ大きな事故にはならないかも知れませんが、少なくともドライバーはそのまま車に乗っていればかなりの確率で死ぬでしょうね。シートベルトを外部から勝手に締め付けることも可能だそうなので、ドライバーは逃げることもできない可能性が高いです。そうなるとほとんど特攻隊の世界です。

そうやって考えてみますと、ネットに接続された自動車というのも良し悪し、というかかなり怖いですね。ましてや自動走行なんていうものを信用するなんて、恐ろしくて仕方がない、って話になるかも知れませんね。実用化が進む前に、そういったありとあらゆる犯罪の可能性を十分すぎるほど検討しておく必要がありますね。
 
関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2470-015d3b26

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード