税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > 本当にATOKって、ダメなソフト・・。  

本当にATOKって、ダメなソフト・・。

2015 - 07/22 [Wed] - 18:05

私、昔からATOKユーザーなんですけど、その理由というのは本当に消去法的な理由で、別にATOKが「最高!」ってわけじゃなくてただ単に「他のIMEよりはマシかな?」という程度の理由なんですよね。

もう最近、このブログを書いていても感じるのがATOKの誤字の多さ。前の記事でも「急がなければ」と書きたいところを「磯がなければ」と変換していましたし(笑)、「『磯がなければ』って変換するって、どういうことよ?!意味わからんわ!」と言いたいくらいですね。

ATOKって変換の効率が一番良いのはインストールした直後だけ。その後学習機能によって使い込んでいけば行くほどどんどんアホになっていきます。私が使っているパソコンでも「話」と書きたいところが、なぜか「華氏」と変換されることが少なからずあって、ユーザー辞書を見てもそんな変換を覚えさせた記録もないし、意味わかんないんですよね、誤変換の意味が。

一体「話(はなし)」という日本語の変換をどうやったら「華氏」という文字になっちゃうんでしょうか?そんな日本語生まれてこの方一度も見たことがないのに、こんな変換を平気でやりますからね。

一体どういうプログラムを組むとこういうアホな変換ができるのでしょうか?どうやって学習を進めると、こういう変換順位をATOKは覚えるのでしょうか?文節をメチャクチャに変換するのなんてザラですしね。今の時代、スマホなどでは音声入力が主力になってこようかという勢いなのに、スマホ用のATOKは音声入力に対応していませんしねぇ。

時代からどんどん遅れていますよ、ATOK。パソコン用のソフトは自動変換精度が悪すぎるし、スマホ用は変換精度が悪い上に音声入力できないし。ATOKにマッシュルームを噛まして音声入力することはできますが、アレは実際にはグーグルのIMEが動いているだけですしね。

ATOK、有料ソフト(アプリ)なんだから、もっと無料の製品と比べて突き抜けて性能がよくないと。日本語を入力するのだから日本製品がいいだろう、と思って使い続けていますが、このままの調子でいくとそろそろ愛想尽きるよ。がんばってよ、本当に。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2464-97ce08d5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード