税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 日々雑感  

日々雑感

2015 - 07/01 [Wed] - 14:34

日々の雑感などを。

まずは、新幹線で焼身自殺事件がありましたね。本当に迷惑な話です。何があって死のうと思ったのか知りませんが、死にたい人が1人で死ぬのは勝手ですけど、他の人を巻き添えにしないで欲しいですね。受け取る年金額が少ないと不満を漏らしていたようですが、そんなこと言い始めたら将来の日本では元本割れする人達ばかりなんですから、みんな事件起こさなきゃいけなくなるじゃないですか。

でもね、真面目な話、これは別の話ですけど、現時点で今の30歳代くらいの方たちはご自分が掛ける年金保険料よりも将来受け取ることができる年金額のほうが少ないと言われているじゃないですか。そんなの、それこそもっと文句言ってデモでも起こして制度の変更を求めなきゃいけないですよ。黙ってたら納得してるとか諦めてると思われてしまいますから、「バカいうんじゃねぇよ!」という意思表示はしっかりしたほうが良いと思いますよ。そうでないと政治も役所も動きませんよ。

「これで日本の新幹線の安全神話も崩れた」という人もいるみたいですが、全然カンケーないですね、これは。別に新幹線の機能的な欠陥による事故ではないのですから、新幹線の安全神話自体がどうこうなった話ではないです。にしても、迷惑なおじいさんです。でも以前も書きましたけれど、今から貧困老人とボケ老人が世の中にどんどん増えてくるので、高齢者がこんなわけのわからない事件を引き起こすことは増えると思いますよ。老人がみんな精神的にも成熟しておとなしく枯れていく、と思ったら大間違いです。

さて続いては、箱根山の噴火について。小康状態が続いていましたが、結局小規模ながら爆発したようですね。半径1キロは立ち入りが禁止されてしまったようで、観光業への影響が懸念されています。ですが、火山の近くで商売を行っていくということには、こういうリスクは必ず伴いますので、気の毒ですけど、仕方ないといえば仕方ない部分も少なからずあります。

800年ぶりの噴火、と言うことなんですが、800年前といえば西暦1315年(失礼、アホでした、1215年ですね。計算もできてない(笑))、日本では鎌倉幕府の頃でしょうか。で、「いい国作ろう鎌倉に」との語呂合わせで鎌倉時代のスタートを1192年と覚えた我々世代ですが、嫁が「最近は違うよ」と言います。調べてみますと、確かに現在では1185年頃と言われているようで、歴史というのも変わるものなんですね。

続いてはなでしこジャパン、ベスト4ですね。明日の朝は準決勝でイングランドとあたるのだとか。スポーツの試合においては、錦織圭と吉田沙保里と伊調、そしてこのなでしこジャパンくらいですね、安心して見ていられるのは(笑)。試合も全然見てません、だって勝つと思ってますので。結果だけ見て「ああ、やっぱり勝ったな。さすが」と思っていれば十分です(笑)。

次のイングランドも勝つでしょう。そして2大会連続で決勝は対アメリカ。きっと良い試合になるでしょう。決勝戦はどちらが勝つかわかりませんね。もちろん日本に勝って欲しいですが、ここは冷静にどちらが勝っても不思議はないと思います。がんばって是非2大会連続優勝の偉業を成し遂げて欲しいです。

それと、ギリシャ、どうしようもない国ですね(笑)。6月30日が返済期限で「返せない」と首相が明言したのだとか。さらには「追加融資をしてくれ」とEU(IMF?)に頼んでいるのだとか。返してくれないと最初からわかっている客に新たに融資をするバカな銀行がどこにあるというのでしょう?

EUについては、発足当時より「壮大な理念に基づくヨーロッパ人の大実験」と思って見ていましたが、やはり崇高な理念についてこられない国や落第していく国がこうやって出てきてしまうんですよね。そもそも政治や社会的背景、そして経済が違う複数の国の通貨を統合して、関税のない一つの経済圏を作ろうとするわけですから、そこには当然ながら勝つ国と負ける国が生じてしまうわけで、負ける国は勝つ国を妬みますし、勝つ国は負ける国を支援しなければならなくなるので、双方に不満を生む制度なんですよね。

そろそろEUの理想が破綻してしまう時期が近づいて来ているのかも知れません。その理念に付いて来れない国ははやく離脱するべきだと思いますね。ギリシャはロシアに経済支援してもらうことをネタにEUやNATOに揺さぶりを掛けているようですが、そんな姑息な脅しをかけてくるような国はさっさと切るべきですね。こんなところと付き合っていても将来ロクなことはありません。

しかし、またギリシャには中国も支援に手を挙げているようで、またややこしい時期のややこしい国にややこしい国が支援を申し出てきていて(笑)、本当にわけが分からない状況になってきていますね。これでEUがギリシャ支援を止め、一方で中国の支援によってギリシャが生き延びてEU域内にとどまるようなことになったら、ギリシャは中国の出先機関みたいな国になっちゃいますから、これは困ったもんですよね。EUはどう出ますかね?

ま、国も世界も、そして企業経営も、カネを持っているところはとことん強い、と言うことなんでしょうか(笑)。日本ももう一度がんばってカネを稼げる国にならなきゃいけないですよ(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2428-90dcb475

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード