税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 死刑執行の順番って?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死刑執行の順番って?

2015 - 06/25 [Thu] - 12:39

今日のニュースを見ていますと、少し前に名古屋で起きた殺人事件の犯人が死刑になったのだとか。

「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省

事件は2007年に起きたもので、刑は2009年に確定したのだそう。その後6年近く死刑宣告を受けたまま刑務所で過ごし、そしてようやく死刑執行となったわけですね。しかし、同じ死刑宣告を受けた人であっても、割と早く刑が執行される人と、いつまで経っても刑が執行されない人がいるのはなぜなんでしょうか?

私が想像するに、早く刑が執行される人は自らも刑を認めており、冤罪・誤審の可能性が限りなく0%に近い人なんでしょうね。さらには刑務所での日々の過ごし方に問題がある人だったりすると、刑務所内での様々な事務的な悪影響を考慮してなおさら執行が早くなるのかも知れません。

一方で、刑が執行されない人もいますよね?代表的な例とすればサリン事件の松本死刑囚とか、先日冤罪が認められた袴田元死刑囚とか。刑が確定しているのであれば、本来判決が出た順番通りに刑を執行していくべきなのに、彼らは永らく刑が執行されておらず、袴田さんに関しては結局冤罪が認められておられます。

これはサリン事件に関して言えば、まだまだ関連する裁判も続いていることもあって、それらの裁判に対する正しい判断や影響を考慮して刑の執行が停止されているのでしょうね。袴田さんの事件で言えば、ご本人と多くの支援者が冤罪を強く主張したので刑の執行が停止されていたのでしょう。

そう考えてみますと、一概に死刑判決と言っても、実際の死刑執行には様々な要因が影響しているのだろうなと思われますね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2422-c09f25f1

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。