税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > トヨタ初の女性役員が違法薬物で逮捕  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トヨタ初の女性役員が違法薬物で逮捕

2015 - 06/24 [Wed] - 12:13

トヨタ初の女性役員がアメリカから輸入した薬物に麻薬成分が含まれているとして逮捕された事件、大きく報道されていますね。

トヨタ初の女性役員、それも外国人、ということでとても話題を集めていたようなのですが、とんだところで話題を作ってしまったものですね。報道によれば、この薬物は鎮痛剤としてアメリカでは比較的広く用いられることがある薬だそうで、それだけに乱用による社会問題も起こしているのだとか。マイケルジャクソンが多用して死亡してしまったのもこの薬なのだとか。

この女性役員の話によれば、膝の痛みを和らげるために輸入した、と説明しているのだとか。当然ながら、「違法薬物を持ち込んだ意識は無い」といった趣旨の供述を行っているそう。

「膝の痛み和らげるために輸入」トヨタ常務役員

しかし、テレビなどで報じられる輸入された薬の状態を見ていますと、悪意が100%無かったとはなかなか言い切れないのではないでしょうか?報じられた内容では、小さな箱の中に、他の輸入品の下や箱の中などに隠すように入れて送られて来たのだそう。

なぜ痛みを和らげる目的で薬が必要だったのであれば、隠すようにして輸入したのでしょうか?自分が鎮痛剤として使用するために持ち込むのであれば、堂々と税関でそのように申告して持ち込めばいいんじゃないでしょうか?それで税関で止められたのなら、それはそれの話じゃないですか。

薬を隠したり、偽ったりして輸入しようとしたところが怪しいんですよね。航空便などで荷物を送る時にはインボイスをつけてアメリカと日本の税関に申告するでしょ?そのインボイスに、今回の品物はどう記載してあったの?インボイスに書かれていなかったのなら、明らかに虚偽の書類申告をして不当に輸入しようとしたってことでしょ?違いますか?

100歩譲って、以前にこの薬を日本に持ち込もうとしたけれども、税関で止められてしまってご本人がものすごい膝の痛みに耐えかねて不便を強いられたとしましょう。で、そういう表の手続きを取るのがめんどくさくて仕方ないので、コソッと他の荷物に混ぜ込んで輸入しようとしたのだとしましょう。まあ、真面目にインボイスや貨物リストに書いてしまうと輸出入の手続きの際にもめることが事前に予想される場合には、こうやって書類に謳わないことはままありえることです。

しかし、そうであったとしても、この役員自身がこの薬物が日本に持ち込んではならない薬物であったことを認識していたのは間違いないわけですよね。いずれにしても、あの輸入時の薬の隠しかたや、インボイスに記載しないで輸入したであろうことを考えれば、理由はどうあれ、税関を欺いて不正に輸入しようとしたことは明らかだと思われます。

でもですね、これが初犯であれば、きっと逮捕はされていないと思うんですよね。だってアメリカでは普通に手に入る鎮痛剤として流通しているわけですから、本当にご本人が痛みを止めるために使用していたのであれば警察や税関だって「こんなもの持ち込んだら日本では逮捕されるから、次から絶対にしちゃダメよ。日本では違う薬で痛みを和らげて。」という警告で終わったと思うんですよね。

大体こういった薬物不法輸入、特に海外で鎮痛剤として普通に流通している薬を持ち込んで逮捕される人というのは、よほど大量に日本に持ち込んだりしない限り一回目で逮捕されることなんてないんじゃないかと思うんです。だから、この女性役員、以前からこの手法を使ってかなり繰り返し輸入していたんじゃないかと思うんですよね。当然、自分1人で到底使い切れないような量の薬を何度も輸入してたと思うんです。

こういった事件では、警察や税関は容疑者を泳がせますからね。一時的な持ち込みだったのか、あるいは継続的に行われているものなのか。悪質性があるものなのか、他人に譲渡などしていないか、など。しかも今回逮捕された容疑者は仮にもあのトヨタの役員ですからね。誤認逮捕でもしようものなら、あとで世間やアメリカ側からどれだけ批判されるかわかりませんので慎重に裏を取ったはず。

まあ、勝手な想像ですが、今回が初めての輸入ではないと思いますね。税関では個人輸入する貨物などはナイフで切って中身の確認などもよく行ってますしね。泳がして様子を見ていたけれども、相変わらず鎮痛剤を何度も輸入して、それを痛み止め以外の目的でパーティーでもしながらみんなで使っていたから捕まったのではないでしょうか。

とすれば、一緒にパーティしていた人達、例えば外資系企業の社員や偉いさんなどのある一定以上のクラスの方たち、の中からさらなる逮捕者が出る可能性もあるかも知れませんね。あるいはこの女性役員から薬を譲り受けていた人達が逮捕されたりすることもあるかも知れませんね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2420-cabf296f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。