税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 国際・政治 > 野党による国会審議阻止  

野党による国会審議阻止

2015 - 06/14 [Sun] - 00:27

手短に。

派遣法改正案 民主党、「委員長に飛びかかるよう」文書で指示

まあ、審議している内容の是非は横に置いておいて、常日頃から外交問題や自衛隊の海外派遣などの場面において「話し合いで問題解決を!武力に頼ろうとするなど言語道断。日本を戦争をする国にするな!」と言っているのは民主党、共産党、社民党などですよねぇ。

その党の国会議員が、自分たちの意見が国会の審議で多数決によって通用しないと分かるやいなや、審議阻止という実力行使によって国会審議の進行を妨害する、というのはどうなんでしょうねぇ?

あくまで「話し合いで問題解決」するんじゃないんですか?例え話し合いにまともに応じない北朝鮮、韓国、中国が相手であったとしても、粘り強く相手と話し合って交渉するのがこれらの党の主張するところではないんですか?

今回の野党の審議妨害は、ご自分たちの日頃からの主張に反してませんか?日頃「戦わないで話し合いを!」と耳障りのよいことを言ってる政党だって、結局自分たちの意のままにならない事が起きたり、都合が悪いことが起きたら、「力」によって話し合いや審議を自ら阻止するんじゃないですか。

いや、こんなことはいまに始まった事じゃありませんよ、何十年も前から国会審議ではよく見られた光景です。いま自衛隊をどうする、とか国会ではやってるみたいで、野党のみなさんは「日本を戦争する国にする」として自民党の案に猛反対していますが、一体どの口が言ってるんだと思いますね。

自国の国会審議においてすら、自分の主張が多数決で不利だと見るや、暴力的な力による行動によって民主的な審議を阻止するんですからね。それなのに、海外との揉め事が生じたときに「話し合いで解決」なんて、こいつらにできるはずないです。絶対最後は武力に頼るはず。

あるいは、自分たちに問題解決できないレベルの問題、例えば、中国漁船が海上保安庁の船に体当たりするような事案が実際に起きたら、急にだんまりを決め込んだりするんですよね。そうやって、民主党や社民党なんて、常日頃言ってることと、実際にやってることがあまりに違いすぎるから国民から信用されないんですよ。

今回の国会審議阻止だって、ほんと恥ずかしい話ですよ、民主主義国家の国会の出来事としては。多数決で反論できない政党が、力によって審議を阻止するだなんて、本当に民主主義に対する冒涜ですよ。こんなの成熟した民主主義国家の姿じゃありません。

いざとなったら力で問題打開を安易にはかろうとする政党が、国際問題を話し合いだけで解決すべきと主張するなんて、もはや冗談にしか思えません。こんな政党こそ、いざ政権に就いたら、情報を隠し、自分たちの政権を護るためだけの軍隊を持ったりするんですよ。

ホント日本の野党ってレベル低い…。野党がこんなにレベルが低いから、自民党が少々いい加減なことをしても選挙で勝っちゃうんだよなぁ、他にまともな選択肢がないから。都合が悪くなったら力で国会審議を阻止するような政党が言う事なんて、まともな国民なら誰も聞くわけないし、支持なんかしませんよ。

日本の政治の質が悪いのだとしたら、その原因の多くは、民主主義の本質を理解せず、国民の支持を得られない主張ばかりする野党にあると思いますね。自民党にも問題はあるとは思いますが、それ以上に野党の方がより深刻な問題を抱えています。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2405-3a00eb9f

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード