税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 音楽 > 久しぶりに音楽の話など・・ジョージ・ベンソン  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに音楽の話など・・ジョージ・ベンソン

2015 - 05/23 [Sat] - 00:18

家で仕事をしないと決めたので、今日は事務所のパソコンの電源をものすごく久しぶりに切って帰りました。これでリモート操作を使って家から仕事を行うことはできなくなりました。なので今日は家でリラックスして過ごしています。

そして下手くそなギターを爪弾きながら、ユーチューブで映像を見ていて辿り着いたのがこのライブ映像。私が大好きなジョージ・ベンソンの昔々のライブ映像です。


このライブ映像を見ていてもお分かりになりますように、彼は歌がめちゃくちゃ上手です。なのでその歌の上手さと、歌手としてヒット曲を出したことから、まるで流行歌手のように思われてしまっている部分があって、そのせいであまりギタリストとして評価を受けることが無いようにも感じるのですが、ちょっとギターを噛じったことがある人間から見ますと、彼ほど上手なギタリストは世界広しといえど、なかなかいるものではありません。もっとも過小評価されているギタリストの代表的な一人でしょうね。

とはいえ、世の中には彼のギタリストとしての凄さを高く評価する人がいるのももちろんで、有名なプロギタリストの中でもジョージ・ベンソンを好きなギタリストとして挙げる人も決して少なくありません。なにがギタリストとして素晴らしいかといえば、何よりも正確無比とも言えるテクニックと、バリエーションと情感あふれるフレーズ。そして完璧なトーン。本当にこのライブなどでは意のままに、まるで歌うかのように、ギターを感情のままここまで弾きまくる姿を見ていますと、ある意味爽快ですらあります。

特にこのライブではジョージ・ベンソン本人がまだ若くて元気いっぱいというのもありますし、バックバンドのメンバーも凄腕揃いで素晴らしくエキサイティングでノリノリの演奏を見せているところがいいですね。本当にジョージ・ベンソンの魅力をすべて引き出してくれる演奏です。本当にこれほど上手に、そして情感豊かにギターが弾ける人はそうそういるものではありません。

どんな有名なプレーヤー、バンドにも、やはり勢いのある時期とない時期はあるもので、ジョージ・ベンソンに関して言うならば、この1970年代から80年代にかけての頃の演奏が最もエキサイティングな時期の一つではないでしょうか。自分がリーダーとしてステージで歌を歌い、そしてギターも自由に弾ける。その自由さがジョージ・ベンソンの溢れる才能を存分に開花させたように感じますね。

もしお時間があれば、上のリンク先の映像を大きめの画面いっぱいに映して、そして少し音がよく聞こえるスピーカーで楽しんでみてください。椅子にゆっくりと座って、ウィスキーでも舐めながら聞くともっとステキな時間が過ごせるかもしれませんね(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2380-d1bb37c8

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。