税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 今年は本当に正念場…  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は本当に正念場…

2015 - 05/09 [Sat] - 20:07

今年は本当に正念場になるのではないかと薄々予想しながら新年を迎えたわけですが、気がつけばもう5月。そうやって5ヶ月が過ぎたタイミングでこれからのことを考えてみますと、もうこれが「障害・困難だらけ」・・(笑)。参りましたよ。

具体的には書けないことばかりなので伏せますけれども、まあとにかく仕事を何とかさせて、そしてもっと稼がなきゃいけない状態に追い詰められてしまいましたねぇ・・。まあ、今までも「こりゃどうしようもないでしょ?」と思われる困難にばかり直面してきた私にとっては、「ああ、またこんな無理難題を突きつけられてしまった・・。頭痛えーなー」というところなんですが、しかし私も少しずつ歳を取ってきていますので、体力と気力、そして根性が以前より衰えているところが心配なところなんですよねぇ。

ほんと、人間って歳を取ってきますと気力や根性が弱くなってきます。本来ならそんなセリフは定年前くらいの人が言うことなんでしょうけれども、私の場合はちょっと早めにその症状が出ているような気がします(笑)。まあ、疲れが蓄積されてしまっている可能性も否定できませんので、一度規則正しい睡眠生活を1ヶ月くらい続けてみるとずいぶん心身ともにリフレッシュされるかもしれませんね。

少し前まででしたら、この程度の困難が目の前に現れても、「そんなもの、返り討ちにしてやるわ!」くらいの勢いがあったのですが、最近は「え~、まったそんな大変なこと克服せなアカンの?しんどそ~」っていう思いが先に立っちゃうんですよね。明らかに気力の減退(笑)。何とかしなければいけません。

ただいままで直面してきたこういう困難について、専門家を含めた多くの人が「そら、無理やで。そんなことできるはずない」というような難題をすべて自力で克服してきたのは事実ですし、それが私自身の心の自信につながっていることは間違いありません。ただ、何度も書いていますように、最近の私は若干お疲れ気味で、「無理を簡単」に変えられるほどのエネルギーに満ち溢れていないことも事実です。

なので、どーしたものかなーと自分でもここ最近悩んでますねぇ。と、言いますのも、今まで克服してきた困難って、所詮自分が努力すれば必ず結果につながるようなことばかりでしたから、そういう困難って自分がひたすら頑張ればよかったんですよね。でも、これから直面する困難は、お商売がらみの話ですから、自分が頑張れ必ず期待した結果を手に入れられるとは限らないのです。相手もいますし、一緒に仕事をする同僚のこともありますからね。

けれども、なんとしてもこれからの2-3年で必ず結果を残さなければならない状況に追い詰められているんですよねぇ・・。言ってみれば借金取りに追い立てられているような、そういう逃げ場のない感じといえばよいでしょうか(笑)。いつのまにか外堀から埋められて、気がついたら逃げられない立場に追い込まれ、そして商売を大きく発展させなければならないことを義務として背負わされているような状況。

精神的には結構プレッシャーキツイです。日々考えてばかりです。とはいえ、案ずるより産むが易し、とも言いますので、今の自分の追い込まれた状況も運命と捉え、もうその運命に任せてなるように進めていくしかないのでしょうね。

でも、最近よく思うことですが、やっぱりビジネスの世界で生きていく人間である以上、やっぱりしっかりとしたリターンを得られなければダメですね。もうそれは日々痛感します。私の商売なんて本当に甘いですね。そんな甘い商売でいい、と思ってちゃダメです、ホントに。

私の中では、自分自身の収入を最低でもあと1~2百万円、できれば倍増させなければやりたいことができません。ビジネスって、やっぱり行き着くところは「お金」なんですよね。お金に余裕があれば人だって雇えるし、新しい事業に挑戦したり、新しい事業拠点を開設することだってできるんです。とにかく経営者、ビジネスリーダーは何が何でもお金を稼がなきゃダメです、最近本当にそう思います。もうこれはキレイ事でもなんでもないです。ホントにその「お金を稼ぐ能力」ってビジネスマンとしてはものすごく大切な能力なんです。

ですから、私に課されている課題は明白。「稼ぐこと」です。鬼になればできるかな?(笑) 税理士だってスモールビジネスのリーダー、経営者なのですから、儲けなきゃダメです、ホントに。儲けなきゃ、やりたいことの半分もできません。今年はそういう意味で、追い込まれていますが、しかしこれもチャンスと捉えるべきなのだと思います。もちろん税理士業に飛躍の限界が感じられるのであれば、他のビジネスを模索することとも含めていろいろチャレンジしなければなりません。

以前ほどの勘違いした自信はだいぶなくなってきていますが(笑)、でも「世の中にできないことはない」と心に強く信じこませて今一度心のなかのニトログリセリンを爆発させて頑張らなきゃいけないなぁ、と思う今日このごろですねぇ。そしてそうできるための私自身の心と体の管理をしっかりしなきゃいけないと思っています。

さあ、2-3年後に望んでいた結果を手に入れてビジネスをダイナミックに進めていられるか、将来が楽しみなところですね。かなりの無理難題ではありますが・・(笑)。ま、やるしかないですね。余裕をかまさず、心を鬼にして、よそ見をしないで突っ走ればなんとかなるのではないかと・・、いや、なんとかなっていて欲しいですね(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2356-e548430d

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。