税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュース > 地球は確実に活動期に入ってきている  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球は確実に活動期に入ってきている

2015 - 04/27 [Mon] - 20:26

昨日もネパールで大地震が発生しました。

ネパール地震死者1500人超に

そしてチリでは火山が大噴火しました。

チリ火山噴火、空の便に欠航相次ぐ 周辺国にも影響

そして日本でも謎の土地隆起が発生しました。

北海道知床・羅臼の海岸線、15メートル隆起? 崖で土砂崩れも

それ以外にも、ここ20年くらいのスパンで見てみますと、大震災や火山の噴火が日本だけでなく世界各地で発生しています。これは地球の地殻が変動期に入ったと考えるべきではないのでしょうか?

ながいながい地球の歴史から見れば、人類が登場したからの期間なんてほんの何十分の1の期間になるかならない程度の話。しかもそれなりの文明を人類が持つようになってからの期間なんてせいぜい数千年の話。そりゃあ、人類が文明を持つようになってから天変地異がなかったからといって、これから天変地異が起きないと信じ込む方がどうかしているわけです。

だって南米大陸とアフリカ大陸の形を見て下さいよ。明からにあの二つの陸地は元々一つの陸地だったことがわかるじゃないですか。でも元々一つだったものが、今はあれだけ離れているわけですからね。地球では陸地があれだけ離れてしまうくらいのことが起きていたのに、これから同じようなことが起きないハズがないんですよね、どう考えても。

大陸が動くということは、当然地殻が動くわけですから、そりゃ大きな地震だって起きるでしょう。地殻の変動に刺激されて火山が噴火することもあるでしょう。今世界中で起きている大地震や火山の大噴火などは、そういった地殻の活動のほんの小さな一つにすぎないと思いますねぇ。

私たちは、先日の東日本大震災で、たぶん初めて大津波が実際に発生して町を襲うところを映像として見たはずなんです。それまで「大津波」という存在については、うっすらとした先人からの言い伝えみたいな感じで、半分以上は「そんなの来るはずがない」と信じていなかったと思うのです。でも、あの映像を見てからみんな「ああ、大津波って本当に襲ってくるんだな」という認識を持ったと思うのです。

今世界中で起きている天変地異は、昔から頻繁に起きていたであろう、地球の活動から見れば大騒ぎするほどのものではないでしょう。だって地震が起きても大陸が裂けたり、日本の海岸線の形が大きく変わるようなことはないからです。しかし、逆にいえば、もし地球が本格的に活動期に入れば、大陸が裂けるような地殻変動だってありえる、ということですから、最近の私たちが見聞きしているような大震災、大噴火、大津波よりも更にスケールの大きなものが何度も起きても不思議ではない、ということです。

まあ、本当に災害には用心するに越したことはありません。何が起きても不思議ではない、というくらいの心持ちでこれからの数十年は暮らしておいたほうがよいのかも知れませんね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2352-1c6eb9ad

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。