税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > きちんと仕事しないとお先真っ暗  

きちんと仕事しないとお先真っ暗

2015 - 04/07 [Tue] - 13:31

なんか世の中の風潮を見ていますと、若い方たちを中心にしてガッつかないというか、無欲というか、草食というか、「仕事なんてその日暮らせる生活費稼げて、気楽に楽しく過ごせればそれで別にいいんじゃない?出世なんか責任が重くなって大変なだけ。出世してストレスで体壊すくらいならヒラのほうがまし」といった感じを受けるんですよね。週休3日とか週休4日、とか言ってる人たちもいますしね。

でもね、本当にまじめにまじめに人生の先輩として若い方たちには言っておきたいんですけど、仕事はきちんとやったほうが将来必ずいいですよ。もちろんフリーターなんかやらずに、きちんと正社員として就職して、そしてまじめに一生懸命仕事をして、しっかりと給料をもらって下さい。もしいま派遣社員などだとしても、早いうちに正社員として働けるところを探して下さい。

いえね、人間もこの歳になってきますと、本当に人生に差がついちゃうんですよね。経済的な面だけで話をするならば、ある意味人生って、「どこに就職するか」で決まると言っても過言ではありません、ホントに。私達くらいの歳になってくると、会社の中でも出世する人たちは出世しますから、もう人生ウハウハな給料をもらって日々暮らしているんですよね。

当然これから先に退職して、そしてもらえる年金額も差がつきますよね。企業年金の金額が違いますから。あるいは退職するまでに貯めた金額とか、退職金の差もありますからね。いや、ホントに世の中の優良企業に勤めている人たちの中年以降の生活って、もう段違いにイイですよ。私の周りには医者のお友達や知り合いが多いですが、勿論お医者さんも間違いなくすごいです。

それと今の時代は男女平等で女性もバリバリ働いておられますけれども、それでも育児や家事の関係で家に入ってしまった女性たちももちろんいるわけですが、その方たちを見ていても、はっきり言って「どんな旦那さんと結婚するか?」によってその女性の人生も大きく左右されますね。収入の高い旦那さんと結婚した女性はとっても奥様してます(笑)。

もちろん、人生お金がすべてだとは言いません。いくらお金があっても健康でないと楽しくないかもしれないし、お金があっても家族内にトラブルばかりあったら、それも楽しくはないかもしれません。けれども、現実問題としてお金が無ければ満足に生活できないのも事実だし、お金があればできることが増えるのも事実。欲しい物だって買えるし、行きたいところにでも旅行できるし、ごちそうだって食べられます。結局のところお金は人生を豊かにするための大きな手段の一つなのです。

何度も言いますけれども、誰しも人生ってたった一度しかないんです。どうせ一度の人生なら、幸せに楽しく過ごしたいと思いませんか?じゃあ、幸せに楽しく過ごすためにはなにが必要か、どうすればよいのか、若いうちからしっかり考えて準備しておかないと、歳を重ねてから本当にザンネンなことになってしまうんです。

私達のお客さんなどを見ていても、高齢になって重い病気になったりすると平気で年間100万とか200万とかお金が必要になってくるんです。人生は終わりに近づけば近づくほどお金の有無によってその質が大きく変わってきてしまうのです。なぜなら医療も介護もお金が必要だからです。お金があればどんな先端治療も介護も受けられますが、お金が無ければ医者にかかることすら躊躇せざるを得なくなります。

「日本は医療保険のお陰で誰でも質の高い医療が受けられる」と言いますが、それは最低限のレベルでの医療の話です。重い病気にかかって、それを治したり、進行を遅らせようと思ったら、やはり別途料金を支払って高い医療を受ける必要も多いのです。つまり人間の寿命や医療の質ですら、お金の有無で決まってしまう側面もあるのです。

まあそんなシリアスな話をしなくても、本当に人間中年以降になってくると人生を過ごす上で「経済力」ってとても重要になってきます。単純な話、経済力が高ければ人生が楽しいです。食べたいもの食べて、遊びたいことができて、行きたいところに行けて、欲しいものが買えて、それで気分が楽しくなることってたくさんあるんです。それができないよりは、できる方がいいでしょう?

だから若い時に楽しようなんて思わないで下さい。高いところを目指すことをやめないで下さい。出来る限り良い職場に就職して、そこで一生懸命に働いて出世して給料を増やしていって下さい。そういう人生を目指さなかったら、本当に40歳から50歳位になった頃に後悔しますよ。その時に後悔したって、もう人生やりなおしはきかないし、失ったものを取り戻すことはできないですからね。

「若い時の苦労は買ってでもしろ」と言いますが、本当にそうですよ。若い時にがんばってがんばって一生懸命に働くことで、あなたはより良い将来を手に入れているんです。あなたの未来を手に入れるために、若いあなたはいま一生懸命頑張っているんです。

だから、どうか、若い皆さんは世の中に対して斜に構えることなく、そして「お金」に対する欲を隠したり、それを毛嫌いしたり、一生懸命働くことや上を目指すことをバカにすることなく、しゃにむに頑張ってほしいと願います。それはあなた達自身の幸せな将来を手に入れるためにもお願いしたいと思います。

もし将来の日本が少子高齢化や景気の関係でどうしようもない国になってしまったら、その時は海外に行けばいいじゃないですか。でも海外に行くためにもお金はいるし、それまでにやってきた仕事のキャリアは必要です。だから将来の日本がどうなるにかかわらず、若い皆さんは今できることを一生懸命にがんばって仕事してみてください。

それがおじさんからの切なる願いです(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2341-fcaf1bc5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード