税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > お疲れさまでございました  

お疲れさまでございました

2015 - 03/17 [Tue] - 11:39

ああ、平成26年分の個人確定申告も昨日で終わりましたね。皆様お疲れさまでした!

うちの事務所は例年になく忙しく、昨日の夜11時五十何分なんてギリギリの時間で電子申告するような始末…。私自身この仕事を始めて初めての徹夜を二度ほどしました。

それでも自分の申告とお客さんの申告が一つだけ残ってしまったので、それは事務所近くの税務署にポスト投函しました。

ポリシーとしては基本全申告を電子申告でやりたいのですが、どうしても申告期限に間に合わない場合には紙申告も行います。「朝までにポスト投函しておけば日付が変わっても大丈夫」とか「郵便で送れば遠方でも大丈夫」なんていうのは、アナログならではの緩いところでありがたいですよね。

国税庁も電子申告の普及を進めたいのなら、受付時間を当日の24時、としないで例えば「翌日の午前6時」といった感じにして、紙提出と同じ感覚でできるように工夫してほしいですね。そうすれば、24時までに電子申告できそうにない場合に急遽紙提出に切り替えて慌てて用意する、なんてことが減るかも知れません。

に、しても、この仕事の遅さ、何とかしないといけませんね。でもこの遅い原因が今回の申告作業を通じてはっきりとわかりました。その理由は、「私が2月一杯まで個人確定申告に取りかかれないこと」からなんですね。

2月一杯は私の最大の客さんである法人の確定申告で手一杯になります。それを何とかしようと今年も試みたのですが、結局2月一杯まで時間を使ってしまって、例えいくら事務員さんが個人の入力処理を進めてくれていても、そこから先の決算や申告書作成ができないのです。

仕事が遅くなる原因が今回ではっきりしたので、対策としては「事務員さんに決算・申告までやってもらう」か「決算・確定申告ができる人をこの時期だけ入れる」しかないです。私自身のキャパは正直いっぱいいっぱいなので、2月は法人の申告に掛かりきりにならざるを得ません。

はっきり言って、キャパさえ増えれば、私の個人申告の件数なんて2月中に終わらせることだって十分可能です。要するに、私以外の誰かに処理してもらうしかない、ということですね。

さあ、来年に向けてどうやって対処しますかね。この時期に手が空いてそうな税理士さんに協力してもらうか、事務員さんのレベルアップをはかるか。そのどちらかですねぇ。

で、話は変わりますけど、レターパックって、信書扱いなんですね!以前のエクスパックが信書じゃなかったのでレターパックも申告書送っちゃいけないと思ってましたが、郵便局でそう言われました。知らなかったなぁ。レターパックのほうが安くつくことも多いんで、こういうことはもっと周知徹底してほしいなぁ…。

取り敢えず、来年の改善策を考えつつ、書類の片づけと消費税の申告を行ってしまいましょう。皆様、お疲れさまでした。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2320-4484c8df

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード