税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 犬猫の殺処分ゼロを目指す!  

犬猫の殺処分ゼロを目指す!

2015 - 03/12 [Thu] - 23:17

最近ネット、特にSNSでよく見かける拡散記事が「犬や猫の殺処分ゼロを目指す!」とか「犬や猫を人間の都合で殺処分しないで!」といった類のもの。犬や猫が好きな人は世の中にゴマンといますから、こういう文章を誰かが書き始めると比較的短期間でかなり拡散されます。

でも…、ごめんなさい。この文章、ちょっと前にネットで流行った「原子力発電反対!」と同じ空気を感じるのは私だけでしょうかね?大体、こういうペットの殺処分に関する文章を見ていますと「年間で◯◯匹のペットが保健所によって殺されている。あんなかわいい、私たちの家族のようなペットたちの多くがこんなヒドイ殺され方をしている。役所はなんてひどいことをするんだろう。こんなひどいことがこれ以上行われないように、ペット殺処分反対の声を上げよう!」みたいな感じのものが多いですよね?

しかし、申し訳ないですけど、ペットがなぜ殺処分されないといけないのか、犬や猫が大好きだと自覚されている方は、本当によく考えてみて下さい。まず第一に、ペットが殺処分される件に関して、少なくともペットに興味がない人は関係ありません。なぜならこの人たちはペットをペットショップから買ってきて、飽きたからその辺に捨てたり、処分を役所に頼む、ということはしないからです。また誰かにペットを売るために大量に繁殖させて、それが手に負えなくなったから川や空き家、空き部屋に放置した、ということもしないからです。

ではペットが殺処分されるのは役所が悪いのでしょうか?たしかに最終的にペットを殺処分するのは保健所などの役所です。でも保健所は殺処分するために街中の犬猫を日々探し回っているわけではありません。彼らがペットを捕まえるのは、住民から街中を歩き回っている野良犬や野良猫に関する苦情を受けたから捕獲しに行っているだけです。それに彼らはつかまえた犬猫をすぐに殺すわけではありません。

一定期間手元に預かっていて、もしその犬猫を飼いたいと希望する人がいたら、その人達に捕獲した犬猫を渡します。しかし、それでもなお誰も引き取ってくれない場合には、その後も次々と捕獲されたり捨てられたペットが集まってきて預かっておく場所が最終的になくなってしまうので、仕方なく誰も引き取ってくれない犬猫たちを殺処分せざるを得ないだけの話です。だって保健所だって税金で運営されている役所ですからね。無尽蔵に捨てられたペットのための保管場所を増やし続けるわけにもいかないし、もしそんなことしたら「税金の無駄遣いだ!」と一般市民から文句を言われるのがオチ。

じゃあ、ペットが殺処分されてしまう原因が、ペット好きでない人にあるわけでもなく、殺処分を行う保健所などの役所にも無いのだとすれば、誰にあるのでしょうか・・・?残っているのはどんな方たちですか?ええ、残っているのは「ペットが大好きな人達」とその人達にペットを供給するための「ペットショップ」や「繁殖業者」ですよねぇ?

そもそも、なんで保健所に「つかまえてくれ!」と苦情が寄せられるようなペットが街中にいたり、どこかのマンションの部屋にペットが劣悪な状況で大量に放置されていたり、また「飼えないので処分して下さい」と保健所にペットがもちこまれたりするのでしょう?

賢明な方ならもうお分かりですよねぇ。ええ、ペットが殺処分される原因は、「ペットに関わっておられる方たちが、ペットを飼ったり、育てたりすることを止めるから」ですよ。それ以外には無いんですよ。つまり、ペットが殺処分されなければならない原因は、世の中の自称ペット愛好家の皆さんや、その方たちにペットを売りつけて儲けようとしているペットショップや飼育家の方たちなんです。

ペットが殺処分される原因は、ペット愛好家の方たちが「キャー!かわいい!」と家に連れて帰ってきたペットを、しばらく経つと何らかの原因で愛情が無くなってしまってどこかに放置したり、保健所に処分を頼みに来るからなんです。あるいは金儲け目的でペットを商品として扱っている人達が、何らかの原因でその商売を止めざるを得なくなった時に、その商品であるペットを放置するからなんです。

冒頭に戻りますが、「犬猫の殺処分ゼロ!」「ペットの殺処分反対!」と声高に叫んでおられる方たちは、いったい誰に文句が言いたいんですか?よくよく冷静に考えてみて下さい。いったい殺処分されるペットたちは誰のせいで殺されちゃうんですか?殺処分する役所が悪い?だったらそういうあなたが殺処分されそうなペットを全量引き取って飼って下さい。そうすればペットの殺処分問題なんてすぐに解消されますやんか。簡単な話でしょ?(笑)

でも結局のところ「ペットの殺処分反対!」と叫んでおられる方たちだって、保健所から保管されているペットをすべて引き取ることなんかしないじゃないですか。そこまで声高に殺処分反対を叫んでいるのに、なんでご自分達が引き取ろうとしないんですか?自分達が引き取って育てようともしないのに、なんで世間に「殺処分反対!」なんて訴えているんですか?そんなの、ちょっと無責任すぎませんか?

そう、そうなんですよ。ペットの殺処分の原因って、すべてペット愛好家たちやペットを彼らに供給する業者たちの「無責任」から来ているんですよ。それ以外に原因なんて無いんです。だいたい、考えてもみて下さい、なんで役所が好き好んでペットの殺処分なんかするんですか。誰だって動物を殺したくなんかないですよ、そうでしょう?それなのに、仕方なくペットを殺処分しなきゃならないのはなぜなんですか?誰がペットを捨てるからなんですか?

飼い始めたペットの最期を看取るつもりもないクセに、安易にペットを飼う人が世の中に多いから殺処分されるんじゃないんですか?結局のところ殺処分の原因は、「ペットを飼う人達」にあるんじゃないんですか??

だからあんまり無責任に「犬猫の殺処分ゼロ!」とか「ペットの殺処分反対!」なんてネットに書き込んで、そしてそれを安易に拡散なんてしないで欲しいんですよね。だってこんな記事を拡散するのはペット好きな人達なんでしょうけど、でも同時に殺処分の原因を作っているのも、まさにその同じペット好きな人達なんですからね。

自分達のせいでペットを殺処分に追いやっておきながら、同じ人が「殺処分反対!」なんてちゃんちゃらおかしいですやんか。ペットを殺している原因を作っている本人たちが、「ペットを殺すな!」という書き込みを世の中に拡散させているなんて、こんな無責任な話ないですよ。

こんな書き込みをSNSで拡散させる前に、どうかご自分で「なぜペットは殺処分されなければならないのか?」という本当の原因をよく考えてみて下さい。そうすれば、世の中から殺処分されるペットの数は減るかも知れません。どうかよろしくお願いします、ペット好きの皆様。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2319-4153b89b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード