税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 時計 > クオーツ時計って、イイねぇ~  

クオーツ時計って、イイねぇ~

2015 - 03/05 [Thu] - 00:33

いや、機械時計がお好きな方々から見たら「ケッ、クオーツ時計がいいだって?お前何言ってんだ?時計の良さなんてわかってないだろ?」と仰りたいでしょうねぇ・・・(笑)。私も半年ほど前までならそう言ったかもしれません。

でも…、いいんですよ本当に、クオーツ時計(笑)。確かに機械時計は人間が作った素晴らしい精密機械を身に付けているという満足感、優越感、嬉しさ…、など様々な感情を所有する人に与えてくれます。それは間違いないし、事実だと思います。それ故に資産的な価値もあります。

でもですね、久しぶりにクオーツ時計を毎日腕に巻いていますと、また別の感情が湧いてくるんですよね…。

私が毎日クオーツ時計を身につけるようになったのなんて、さぁ、もう25年以上ぶりくらいになるでしょうか?機械時計は必ず毎日何秒かずつずれてきて、それを数日に一度くらいに修正するのもなんとなく愛着を感じて楽しいものだとずっと思っていました。だから時計の時差をチェックする意味もあって、時計を見る機会というのが増えると思うんですよね。

で、久しぶりにクオーツを毎日腕に巻いていますと、機械時計の時と違って時計を見る回数が絶対的に減りました。それはなぜかといえば先ほど書きましたように、機械式と違ってクオーツは基本「狂わない時計」なので、一日に何度も腕時計を見て時差をチェックする必要がなくなったからです。

つまり別の言い方をすれば「絶対的に時計の正確さを信頼できるので、時計なんていちいち見なくていい」という安心感があるわけです。機械時計はいくら高級感がある、満足感がある、喜びがある、なんてことを言っても、所詮狂ってしまうものなので、心の何処かで「信じていない」気持ちがあるのです。だから一日に何度も時計を見て「激しく狂ってないか?」とか「正しい時間とどれくらいズレてるか?」といったことを確認しなきゃいけないのです。

クオーツを毎日使うようになって、以前はそうやって何度も時計の様子を確認することが、時計に対する「愛着」「楽しみ」といった感情から行われていたと思っていたのですが、実は結構なストレスだったのだということがすごく実感できました。だってクオーツなら絶対的に信頼できるので、時計など一日になんども見る必要がないんですもの。その安心感たるや、これはもう「さすがだな」という一言に集約できますね。

この「ストレスを感じない」ということが、どれほど心地よいことか。まさか自分が大好きだった機械時計が、実は私にストレスを与えていたなんて考えたこともなかったのですが、実際にはストレスを与えていたんですよね。ほぼ完全にメンテナンスフリーで、そして一ヶ月に1-2秒狂えばいいくらいの精度を持っている時計を身に付けていると、本当にまったくストレスを感じないんです。

時間を知りたいときには、いつでも時計を見れば正しい時間がわかる。標準時と違うこともない。スマホやパソコンの時計とも違わない。そして電車に乗るために駅に急いで歩かなければならない時も、腕時計を見れば常に正確な時間がわかるので安心して行動できる…。クオーツ時計を再び使うようになって、そんな当たり前のことが、当たり前に安心してできるんですよね。

そんなの機械時計を使い出してからのここ二十数年間は感じたことはなかったです。なにか正確な時間が知りたい時も、腕時計でとりあえず時間を確認するけど、それが本当に正確な時間かどうかはわからないのでスマホで「本当の時間」を確認しながら行動する…。腕時計の時間は、あくまで「目安」程度で、正確な時間は別の方法で確認する…。それが機械時計を使っている時の私の行動パターンだったんですよね。それが実は結構なストレスだったわけです。

なるほどなぁ。やっぱり信頼できる道具を使うってことは、それだけ人間のストレスを軽減することに役立つわけなんですねぇ…。まだ機械式時計しかなかった頃に、初めてクオーツ時計を使った人たちはその正確さに狂喜乱舞したのでしょうね、きっと。その気持が今の私はすごくよくわかります。時計に対する絶対的な信頼感、安心感。それによって得られる心の落ち着き。

きっと世の中なんでもそうなんでしょうね。車でも人でもなんでも。マニアの方たちは「すぐ壊れたりするけど、手をかけてやるのが楽しいし、愛着を増す」なんていいますが、本当はやっぱり「壊れなくて、手をかけなくてもいいもの」がやっぱりいいんですよね。そりゃそうですよね、だってそこに人間の叡智と技術が集約されているんですものね。

車だってそうですよね。何十年も前に作られたクラシックカーは確かに雰囲気があって素敵でおしゃれですけど、いつ壊れて止まってしまうかビクビクしながら乗らなければなりません。新しい国産車は確かに面白みはないかもしれませんが、まあ、普通買ってから数年間は特別なことをしなくてもまず突然止まったりすることはありません。でもそれが心の「安心」「安全」をもたらし、だからこそ変なストレスを感じることなく運転することができるんですよね。

そうやって考えてみると、やっぱり「手をかけないですむ安心感」とか「メンテナンスフリーの絶対的信頼感」ってものは、やっぱりに人の心に良い効果をもたらすものなのじゃないかなぁ、と思いましたねぇ。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2310-8e66fea5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード