税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 仕事は美しく行おう!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事は美しく行おう!

2015 - 02/10 [Tue] - 22:18

普段の会計処理や決算の処理を行っている時に私が心がけていること、というか常に目標としていることがあります。それは「美しく仕事を行うこと」です。

抽象的な表現でわかりにくい話かも知れませんが、お仕事をされておられればどんな仕事でも、そしてどなたでも、必ず「美しい仕事の出来映え」というものを感じることがあると思います。私たちのような会計にかかわる仕事であれば、「美しい仕事」とは「誰にでもわかりやすくシンプルであること」「数字に間違いや、辻褄合わせのようなやっつけ仕事がないこと」「ゼロになるべきところは、きっちりとゼロになっていること」…、などでしょうか(笑)。

この仕事をやっているとよく見かけませんか?例えば、やっている本人にしかわからないような複雑怪奇で、こねくり回したような会計処理を。もちろん税務的に少しごまかしたいために、ワザとこねくり回して、一見して何をやっているのかわからないような会計処理を行うことも、時としてあるとは思います。

しかし、そうでない場合においては、仕事というのは、やはり誰が見ても一目瞭然でわかるように、わかりやすく、シンプルに行うべきだと私は考えています。なので、会計処理においても可能な限り複雑怪奇な処理は行わないように、そしてできるだけ誰でもわかるようにシンプルに処理を行いたいと常に思っています。

やはりどんな仕事であっても、美しく仕上げるということは、その仕事の内容を明確に第三者に伝えることができますし、そしてわかりやすいが故につまらないミスを減らすことにもつながると思うのです。私たちのような仕事を行っている人の中には、「素人にはわからないような複雑な仕事を行うことこそ専門家としてのプライド」と考えているのではないかと思いたくなるほど、ワケのわからない処理を行いたがる方もおられます(笑)。

私自身、そういう処理を行っているお仕事を引き継いで行うことになった場合には、それまでの処理内容があまりに複雑でワケ分からないため、頭がクラクラしてしまうことがあります(笑)。そういう処理を見ていますと「一体何がしたくて、こんな複雑なことやってんだ?こんなのできたからって、何が嬉しいんだ?ただの自己満足じゃん!」とだんだん腹が立ってきます(笑)。

ほんと、複雑怪奇な仕事の処理を行うことは、ただ単に「自分はこんな難しい処理をできるんだ!」という自己満足に浸っているだけとしか思えません。それができたからといって、いったいどれだけの価値があるのでしょうか?決算を行った結果が同じになるのであれば、難しい処理など行う必要ないじゃないですか?シンプルで誰にでもわかるように処理を行えばいいだけではないでしょうか?

・・という感想を他の方の仕事を引き継ぐとときどき感じるので、人からそう思われないように、私はできる限りシンプルに会計処理を行うように心がけているつもりです、というか、それを目標にしていきたいと願っています。「仕事はシンプルに、そして美しく」…、これ、どんな仕事でもとても大切なことだと思います。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2288-5ab69815

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。