税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > 日本でのiphone普及はソフトバンクのおかげ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本でのiphone普及はソフトバンクのおかげ

2015 - 01/27 [Tue] - 10:07

先日今使っているiPhoneから格安スマホに乗り換える、という話を書いたところですが、他国と比べて日本でのiPhoneのシェアは異常なほどに高く、とても珍しい市場であることが言われています。その理由をよくよく考えてみますと、それはやはり最初に日本でiPhoneを発売したソフトバンクの力がとても大きいのではないかと思います。

もちろん、他国と比べて日本人の所得と購買力が平均的に高い、という点もあるとは思いますが、これだけアンドロイドスマホが豊富に発売されている中においていまだにiPhoneのシェアが高いというのは、さきがけとして国内で販売を始めたソフトバンクの影響がかなり強いのではないかと思うのです。

具体的になにかといえば、それはズバリ「価格戦略」ですね。日本以外の国ではアンドロイドがスマホの主流になってきているわけですが、それは単純に「価格が安い」から。ではなぜ日本ではアンドロイドが海外ほど普及しないのか、といえば、これもまた単純に「日本ではiPhoneが安いから」という理由だと思うんですよね。

私の記憶が間違っていなければ、確かソフトバンクはiPhoneの国内独占販売の見返りとして、かなりの販売ノルマを課していた(課されていた?)はずです。そしてそれを達成させるためにかなり戦略的な販売方法と価格設定を行ったと思うんですよね。もちろん当初はスマホといえばiPhoneくらいしかなかったので、iPhoneは少々高くても飛ぶように売れたわけですが、アンドロイド製品が増えてきた中においてもなおiPhoneが日本で高いシェアを誇ったままだったのは、やはりソフトバンクが設定した価格が消費者の心を捉えたからだと思うのです。

実際の話、私が最初にスマホを買いにソフトバンクのお店に行った時も「なんでもいいから一番安いスマホにしたい」と尋ねると「iPhoneが一番お安いです」と返してきましたからね。最近でもスマホ購入を検討されている事務所のお客さんがauのショップで尋ねると「iPhoneが一番お安いです」と同じことを言われたのだそう。

そうなんですよ、日本ではアンドロイドがそれほど普及せず、iPhoneのシェアが高いままなのは、単純に「iPhoneが一番安いスマホ」だからだと思うんですよね。海外ではSIMフリーのスマホが普通に普及しているので、製品単体の価格がiPhoneより安いアンドロイドスマホを買うというケースが多いと思うのですが、日本では今まで通信キャリアとの契約とセットでスマホを買うパターンしか存在しなかったので、キャリアが通信収入を見越して「本体実質無料」のような戦略的な価格設定を行なうことができたんですよね。

だから単体で買えばどのアンドロイド製品よりも高いはずのiPhoneが、通信セットで契約すればなぜか一番安いスマホになってしまう、なんて奇妙なことが起きてしまうわけです(笑)。もちろんそこにはアップルとの間で数量販売義務がある関係で、何が何でも売り切ってしまわなければならないという事情もあったのだろうとは思いますが、それにしてもiPhoneを日本に普及させ、そしていまだに高いシェアを誇っている特殊な市場を作り上げることに大いに貢献していると思います。

しかし、逆にいえば、本来高いはずのiPhoneが一番安い料金プランで購入できるカラクリの裏には、それだけ消費者が高い通信料をキャリアに支払っている、ということですよね?だってキャリアに高い通信料を支払わなければiPhoneを実質無料で買えることなどどう考えても不可能ですものね。アップルからキャリアへのボリュームリベートなんてものもないでしょうからね。

でも今からの時代は変わっていくのではないでしょうか?iPhoneを安くお客に提供することによってお客を囲い込み、そして通信料で稼ぐ、というビジネスモデルもそろそろ終わりなのではないかと思いますね。毎月0.3ギガしかデータ通信を行わない客から5千円近いデータ通信料を一律に徴収する、というという商売は、さすがにちょっと違うんじゃないかと思いますね。

もちろん今まではそれしか選択肢がなかったから、みんな安いプランを求めて各キャリアが用意するiPhoneのプランを契約していただけですが、これからの時代は、お上によってSIMロック解除が要請され、そして安い通信プランを用意する業者が増えてきますので、今までどおり「iPhoneが一番安いプランだから」という理由でiPhoneプランを選択するユーザーばかりではなくなると思います。

と、いうことで私が人柱になって「自前で用意したスマホ+SIMカード」という海外では一般的な契約形態を実践し、今までの日本におけるスマホ契約プランのよいところ、悪いところを検証してみたいと思います。もしこのような契約形態が一般的になってくれば、それにつれてiPhoneの日本でのシェアが急激に減ってしまう可能性も高いのではないかと思います。

まあ、でもそれが本来の在るべき姿だったんですけどね…。ほんとアップルは今までの高シェアについてソフトバンクに感謝すべきですね(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2274-85812ad2

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。