税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > プロはサービス精神がなければダメ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロはサービス精神がなければダメ

2015 - 01/07 [Wed] - 20:37

プロゴルファーの丸山茂樹選手が面白いことを語っています。

丸山茂樹氏が男子ゴルフ界を嘆く「プロはサービス精神足りない」

これは別にプロゴルフだけの話ではないですね。私たちも含めてその道の専門家、プロフェッショナルと呼ばれる人達に必要なことですよね?

日本では、プロフェッショナル=職人は黙って仕事の結果だけを示せばよい、そのためであれば時に無愛想で不機嫌でも許される、といった風潮がありますよね。しかし、それは必ずしも正しいとは言えないと思います。

なぜなら、プロであるならば自分にお金を払ってくれるお客さんのことを重視する必要があるからです。いくらスゴイ技術があっても、いくら法律が書けるくらいの専門知識を持っていたとしても、お客さんがその技術や知識にお金を払ってくれなければプロフェッショナルとして存在を続けることができなくなるからです。

プロであればなおさらお客さんのことを第一に考えるのが当然。職人であればお客さんが求める商品を最高の技術で作ろうとするべきだし、プロゴルファーならお客さんから見て楽しめるプレーを行うべき。私たち税理士も、当然ながらお客さんに満足していただける仕事を行おうと努力するのが当然。

まあプロというのは、どこの世界においても常にお客さんを意識して、お客さんのために仕事をしなきゃいけない、ってことでしょうね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2249-9b9d9276

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。