税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 公共交通機関ではケータイはオフにすべき!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公共交通機関ではケータイはオフにすべき!

2015 - 01/07 [Wed] - 20:19

先日NHKのテレビを観ていた時のこと。外国から日本に来ている方が、「日本のここが自分の国と違う」点を指摘するという番組をやっていました。そこではいろいろな日本ならではの習慣が外国人から指摘されていたのですが、一つだけ外国人の誰もが「日本は他所の国と全く違う!」と指摘するにもかかわらず、すべての国の人が「日本の習慣は素晴らしい!」と褒めちぎったものがありました。

それは「日本では電車やバスなどの公共交通機関内での携帯電話による通話をしないようにすること」でした。海外ではバスや電車の中で携帯で普通に電話をするものと聞いていただけに、外国の方が皆さん「日本のほうがイイ!」と指摘したのには驚きでした。

なぜ外国の方も電車やバスの中で携帯電話による通話をしないほうがイイと感じるかと言えば、その理由はやはり「他人の会話など聞きたくないから」「単純にうるさいから」なのだそう。そして日本に来た外国の方たちは皆さん口を揃えて「日本のバスや電車が静かで安全であることは素晴らしい!」と言います。

しかし「じゃあ、皆さんの国でも電車やバスで携帯電話の会話を控えるようにすることはできますか?」と尋ねると、出席者全員が「ノー」と言います(笑)。結局は個人主義やモラルの問題で、日本のようにはできない、とのこと。しかしそれでもやはり、全員が日本の電車やバス車内における静かさと安全性の高さは非常に高く評価していました。

外国の方から見たら、日本の風習や習慣というのは奇異に感じるものが有るのかも知れませんが、この携帯通話を控えるといった日本独自のマナーなどは、むしろ外国の方から見て日本社会の素晴らしさとして認識されることでもあります。だから日本の風習が外国と違うからといって、なんでもかんでも外国に合わせて直す必要はないし、むしろ日本独自の良さをそのまま残すべきところもたくさんあるのだということなんでしょうね。

そうやって外国の方から指摘されることで、私たち自身も日本の良さを再認識して、よいところを守っていきたいですね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2248-83b7a215

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。