税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 資格・転職・就職 > 転職・独立をする人は優秀で、会社に残る人はダメ社員?  

転職・独立をする人は優秀で、会社に残る人はダメ社員?

2014 - 12/28 [Sun] - 02:08

私が税理士という資格をとって一人でやってみよう、と思った頃もそうでしたが、今でも企業経営の環境が厳しい中、転職や独立を考えている人、あるいは実際にそうしてみた人は世の中に決して少なくないのではないかと思います。

そんな中で実に的確に「転職や独立をする人たち」と「会社に残る人たち」を説明してくれる文章がありました。

転職・独立をする人は優秀で、会社に残る人はダメ社員?

もしいま働いている職場の処遇や将来に不満や不安を持って転職や独立を考えている人がおられたら、転職や独立を実行する前に上記のリンク先の文章を是非一度読んでからにしてほしいと思います。

私も含めて転職や独立を行おうとする人というのは、だいたい少なからず「自分は優秀」と思っているものなんです(笑)。「その優秀な自分が望むような処遇を受けていないのは、職場が悪いからだ。このままでは自分はここで腐ってしまう。ならば腐ってしまってここで歳を取って転職適齢期を過ぎてしまう前に自分を生かしてくれるどこか別の場所で仕事をしよう!」と思っていると思うのです。

でも、ほとんどの場合、それは単なる勘違いです。私自身の場合は「自分は将来出世が嘱望される人材と会社から思われていない(=つまり「落ちこぼれ社員」)」とひしひしと実感したのが退職の最大の理由ですが、それでも会社を実際に辞めたということは、裏を返せば「自分はこの会社でなくても働いて輝ける場所が絶対にあるはず!」と勘違いしてたからこそ転職したわけです。つまり心の何処かで自分に高評価を与えて、自信過剰になっているところがあったのです。

確かに私もそうだったと素直に白状しますが、しかし、その自己評価は完全に間違っています(笑)。自分にどれほど能力がないかということは、転職して、そして独立してからイヤというほど思い知らされます。そもそも自分が優秀であれば、最初の会社が私を手放したりするはずないんです(笑)。優秀でないからこそ「退職したい」と申し出た時に、誰も本気で引き止めなかったわけです(笑)。

もちろん会社に残っている人すべてが優秀だとは思いません。会社にとって不良債権のような社員はたくさんいるはずです。そういう人たちは他所に行っても稼げないし、手慣れた仕事をそこそここなしていれば結構な給料をもらえるので会社に残っているだけです。しかし、そうであったとしても転職や独立というリスクをおかすよりは、会社に残って定年まで過ごせる方が何かと都合がよいと感じます。特に私のようにアベレージ以下の社員であったとしたら。

そして本当に優秀な人は会社の中で出世していきます。ぐんぐん出世します。気がついたら大会社で取締役や取締役の一歩手前なんかに来ていて、年末調整ができないような給料(年収2千万円以上)をもらっているような立場になっています。

一方で「自分は優秀」と信じて疑わない転職・独立組の人たちはどうでしょうか?冒頭のリンク先の文章にもありますように、多くは元々の就職先の環境が決して良いとはいえないケースが多いので、転職しても結局同じようなことを繰り返すだけになってしまうことが多いと思うのです。私のように大手からいきなり個人商店みたいなところに転職した場合も同じだと思います。私の場合は、それでもとても良く処遇してくれたと感謝していますが、ただ単に運が良かったのだと思います。

そして私はその後独立しますが、まあ本当に過酷な日々(ちょっと大げさか?)ですよね(笑)。だって元々優秀じゃない人間なのですから、お客さんなんか集まるわけないですもの。こんな運任せの人生、客観的に見てみれば、とてもリスキーな人生ですよ(笑)。なんで好き好んでこんなリスキーな人生を選ぶ必要があるのでしょうか?

世の中では「リスクテイク出来る人が偉い」という風潮が少なからずあって、だからこそ転職や独立を目指す人もいると思うのですが、きっとそういう方たちはほんとうの意味での「リスクテイク」という言葉の意味をわかっていらっしゃらないと思います。本当の意味での「リスクテイク」とは、「収入も生活も、家族も財産も、なにもかも失ってしまうおそれがある」という意味ですからね。「多少収入が下がってもチャンスには恵まれる」とか「成功すれば大儲け。でもそれはやってみなければわからない」とか、そんなカッコいい響きの意味合いじゃないですからね。

会社に残っていれば、そんな本当の意味での「リスクテイク」を行う必要などまずありません。あるとすればリストラされるか、会社がなくなるときだけです。その可能性の低い大企業に勤めているのなら、転職や独立などという間違った意味での「リスクテイク」などはしないほうがよいです。どうせ「リスクテイク」するのなら、会社のなかの事業展開や社内工作において「一か八かの大勝負」的な「ビジネスのリスクテイク」を行なうべきで、転職や独立といった「人生のリスクテイク」を行なうべきではありません。

私は幸いなことになんとか家族を養っていける程度の商売を行なうことが出来るようになりましたが、まあ、私と同じような人生を他人にはオススメしませんね、絶対(笑)。もちろん「やりたい!」と望む方には「リスクはあるけどやってみたら?」と止めることはしませんが、夢や憧れ、あるいは自己過信と現状不満だけが理由の転職や独立を考えている方については「止めたら」とアドバイスしたいですね。

だって本当にリスキーですからね。私だって今こうやって自分一人で家族の生活を何とか維持できるようになった理由を何度も考えてみますが、そこには「運がよかった」という理由しか思いつきませんからね(笑)。ええ、決して「自分に実力があったから」とか「自分はそれだけの収入を得られる価値がある人間だから」といった自分の能力が理由だとは全く思いません。

もちろん「運も実力」という言葉もありますが、それは周りが評価するときに使う表現であって、自分で使うにはあまりに恐ろしい言葉です(笑)。だって運なんて、誰にも予測不可能なんですよ。予測不可能だから「運」なのです。そんな不確かなものに自分と家族の全人生を委ねてしまうなんて、どれほど不安で恐ろしいことか分かりますか?(笑)

だから、悪いことは言いません、よほどの明確な目的を持っているか、差し迫った状況に陥らない限りは、転職や独立なんてことは考えないほうがいいです。いま自分が生かされている職場で、最大限あなたの実力を発揮して職場の利益のために働き、そしてそれを会社から適切に評価してもらえるようにできるのがホントにベストだと思います。

もちろん世の中にはリーダーとかカリスマとかいう人がいて、そういう人の武勇伝を読んでいますと、最初に就職した職場を半ば喧嘩して飛び出して大きなビジネスを実現させた、なんて話がよく書いてありますが、冷静になって考えてみましょう(笑)。そのリーダーやカリスマと同じことを行って、果たしてどれだけの確率で大きなことがやり遂げられると思います?

きっとこんなリーダーやカリスマは、100人に一人なんてレベルじゃないと思います。良くて千人に一人、いや万人、十万人に一人かもしれません。それ以外の人が手にした結果は、多くの場合良くて転職前の職場と同じくらいの処遇、普通は前よりも悪化、最悪は一家離散、でしょうね。それがほんとうの意味での「リスクテイク」の実態ですよ。

そんな怖いことをなぜ進んでやるんでしょうか?自分は勝ち組で、無限の可能性を持っているから?バカ言うんじゃないです(笑)。どこまで自分を買い被れば気が済むのでしょう(笑)。私自身がいい年齢に差し掛かってきたからこそ、冷静・客観的に言いますが、会社の中で評価されないような人が転職や独立したって大したことにはなりませんて(笑)。だって考えてみれば、当たり前じゃないですか。それを何とかしてくれるのは、ただ「運」だけなんですよ?

話を戻せば、優秀な人だから転職や独立するんじゃないです、決して。転職支援会社のキャッチコピー等では「優秀な才能を活かす職場を見つけよう!」なという煽り文句が書いてあって、それについついノセられちゃいますが(笑)、本当に優秀な人なら会社から高評価を受けて放っておいても出世していきますから。自分が出世できないで不満を持っているとしたら、それは職場に問題があるのではなく、自分自身の仕事の結果、内容、日頃の態度に原因があるんですよ。

ましてや、負け組の会社に就職して、そこから更に負け組の会社に転職していくなんて、ある意味仕方のない側面もありますが、しかし到底明るさを感じることができないパターン。それを繰り返した結果独立、とか、独立してみたものの生活できなかったので結局再就職、だなんて、人生に対する見通しの甘さが露呈してます。「リスクテイク」という意味がぜんぜんお分かりじゃないです。

私の場合もそうでしたけれども、「独立」ってことは「もう帰るところはない」っていう意味ですからね。それだけの覚悟がないのなら独立なんて軽々しくやらないことです。だって失敗するのがミエミエだからです。「独立してもダメならまたサラリーマンやればイイ」なんて気軽に考えて独立するから、ほとんどの人は失敗するんです。考えが甘いんですよ。

まあ、転職や独立なんて、他人さんには勧めません。私は自分が組織で出世して成功を収めていくタイプの人間ではないので、ずっとサラリーマンをしていてもしょうがないから転職して独立しただけのこと(笑)。だからもうサラリーマンに戻るわけにもいかないので、必死です。人生賭けてます(笑)。

でもそうでない方は、どうか勘違いしないで、他人に活かされる人生を選んでください。他人が稼いでくれたお金で給料を貰えて、会社がきっちりと年金保険料を払ってくれているということがどれほど幸せな人生か、今一度冷静になって考えてみてください。退職して独立なんてしたら、そんなものが全てなくなってあなたは宇宙空間に一人で放り出されたような不安に襲われるんですよ(笑)

憧れで転職、独立、絶対にやめましょう(笑)「我慢すること」「続けること」「努力すること」これが人生では本当に大切です。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2233-50c4f05e

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード