税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > パソコン・IT > あ、クラウドの良さを忘れていた…  

あ、クラウドの良さを忘れていた…

2014 - 12/23 [Tue] - 22:02

つい前の記事で、クラウドストレージのようなものを事務所内に設置すれば最高、なんてことを書いていたわけですが、クラウドでなければならない理由を一つ思い出しました。

それは、対災害ですね…。そうです、クラウドの最大のメリットは「データが遠隔地のどこかにある」ということなんですよね。事務所の中のストレージがたとえ外部とネットと繋がって、いつでもどこでも事務所のデータにアクセスできたとしても、データは事務所に存在しているんですよね。

ということは、事務所が地震で破壊したり、強い衝撃がディスクにかかったりしてデータが壊れたら終わりなんですよね…。

そうか、そうだった。阪神大震災や東日本大震災を目の当たりにしているからこそ、大事なデータはクラウドに置いておかなきゃいけなかったんだったなぁ…。クラウドにデータが有れば、たとえ事務所がパソコンごと破壊されたとしても、違うパソコンからクラウドにアクセスできればすぐ仕事が復旧できるんですよね…。

そうそう、それこそがクラウドのメリットなんですよ。この日本、特にこの数年の様子を見ていると、いつどんな想定外の巨大災害が発生するか予測がつきません。その時に事務所にデータを置いていることのリスクを考えないといけないんですよね。

「バックアップを頻繁にとっておけばいいじゃないか」というご意見もあるでしょうが、バックアップのメディアを事務所内に置いていたり、同じ地域に置いていたりすれば、結局その大災害によって意味がなくなることは先日の大津波を見ていればお分かりのはず。そう、バックアップを取ったって、遠隔地に置いておかなければ意味がないんです。

iPhoneなどのスマホのように、バックアップをクラウドに保存するのも一つですね。ただ、意外と毎日バックアップを外部に取るのって不便なもの。だからクラウドにデータを直接保存して、それを利用するというアイデアが生まれたんですよね。

そうだった…。事務所内に外部からもアクセス可能なファイルサーバーを置いても、結局は災害のリスクからは逃れられないんだった…。またいろいろと考えてみよう…。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2222-50990f2b

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード