税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 維新の党は議席減  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維新の党は議席減

2014 - 12/15 [Mon] - 11:52

この度の衆議院選挙では、前回ブームを巻き起こしたみんなの党、そして維新の党はそれぞれメタメタな結果に終わってしまいましたね。みんなの党に関しては、党そのものがなくなり、渡辺元代表は落選という結果に。

維新の党に関しても議席を減らし、橋下共同代表が記者会見で「維新と僕への信任がなかった」と淡々とコメントしていましたね。

衆院選2014 維新・橋下氏「2年前が異常」

常日頃から「選挙の結果こそがすべて。僕のやり方が気に入らないというのなら、僕を選挙で落とせばいい」と不遜とも思える発言を繰り返している橋下さんですから、この結果については負けを認めざるをえないでしょうね。歯に衣着せぬ物言いは時として爽快な感じをもたらすこともありますが、やり過ぎるとタダの不快。

私は大阪市民でも大阪府民でもないので、今の大阪市長と大阪府知事になってからどのように大阪が変わったのかわかりません。漏れ聞こえてくるところでは、橋下さんが行く先々で役人との対決姿勢を強め、その既得権益をぶっ壊そうとして、いまいちうまく行っていないようなイメージしかありません。本当のところはわかりません。

まあ、でもどうでしょうか。橋下さんが大阪でしっかりとした実績を作っているのであれば、少なくとも大阪では議席は減らさなかったはず。前回と比べて議席を減らしたということは、単純に大阪での維新の党、そして橋下さんへの支持は低下していると見るのが妥当なのかもしれません。

大阪都構想を実現するために始まった橋下さんの政治活動ですが、いまは少し曲がり角というか、正念場を迎えているのかもしれませんね。確かに自らの主張を実現させるためには国会・地方議会共に現実的に議員の数がほしいところなのでしょうが、あまりに急いで増やそうとしすぎたところに歪が生じてしまったのでしょうね。

ものごとは急がず、しかし着実に、というのが一番何事においても確かだと思いますよ。「急いては事を仕損じる」とよくいうじゃないですか、橋下さん。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2191-2ca7aeb3

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。