税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会・経済 > 品格のない老人が増加  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

品格のない老人が増加

2014 - 12/12 [Fri] - 19:20

品格のない老人が増加 若者が年寄りを敵視する傾向も原因か

面白い記事を見つけました。これは、あると思いますねぇ。少子高齢化の影響で増え続ける高齢者の経済的面倒をみなければならず、その一方で定年延長で更に活躍の場を高齢者に奪われる若者たちと、「これまでの日本の成長を支えてきた」という自負が強い高齢者たちの精神的な対立。

「勝ち逃げ」をはかろうとする高齢者たちに対して、「なに自分達だけいい目をしようと考えてんだよ。あんたたちだって今まで儲けてきたことに対して応分の社会負担をしろよ!」と思う若者たち。社会全般においてもそうですが、税理士業界においてもまさにこの世代間対立は強まる一方ですね(笑)。

その問題解決のために一番嬉しいのは、「高齢者の節度ある思考・行動」でしょうね。「自分達のこれからの生活を支えてもらうために、自分達の子や孫の世代である若者たちが苦しんでいる」という実状をよく理解して、今までと社会の状況が変わったということをわかっていただけると一番良いですよね。

ところが、人間年齢を重ねると経験に基づく対処能力は伸びると言われていますが、一方で柔軟な思考が失われていくのはしかたのないこと。そのせいで頭では理解できても感情が許せない場面が増えてきます。目の前の生活をなんとかしていかなければならない高齢者が増えてくれば、どうしても若者世代に不利益を与えることがわかっていながらも、自分の生活を最優先に判断してしまうことも仕方ないでしょう。

…なかなか難しい問題です、日本における世代間対立、そして世代間不公平。これからの日本社会は少子高齢化と共に、一票の格差に代表されるような地域間格差の問題と、それよりも更に深刻かも知れない世代間格差に苦しめられ続けることになるのでしょうね。

最悪、これからの50年くらい…。せめて私たちが高齢者になる頃には、若者たちに迷惑をなるべくかけないで過ごせるようになっていたいと自分自身で願うばかりです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2180-5c90ab24

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。