税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士 > 親方税理士さんはお昼間からおゴルフですか、そうですか(笑)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親方税理士さんはお昼間からおゴルフですか、そうですか(笑)

2014 - 12/10 [Wed] - 13:06

税理士って平和な職業だなぁ、とつくづく思いますね。税理士の政治関連の広報誌を読んでいると、その中のコラムに支部でのゴルフコンペの話が楽しそうに書いてあるんですけど、推察するに当然のごとく平日ゴルフですよね。しかも同業者同士で。

へぇ、結構なご身分だなぁ、と思いますねぇ。いえ、もちろん平日ゴルフに行かれることも、同業者同士で親睦と意見交換を兼ねてゴルフに行くことも全然結構ですよ。ただ、それは別に会報誌に書かなくてもいいんじゃないかと思うんですよね。なんでそれをわざわざ会報誌に書くのでしょうか?それは自慢なんですか?(笑)

穿ってみれば「俺達は稼いでる税理士。日々あくせく働かなくても、職員や子分税理士たちに実務を任せておけば余裕で回る。平日ゴルフなんてできる俺達は、ホント恵まれた身分だよなぁ。そんなこともできない貧乏人たちは気の毒でしょうがないわ。」と言外に言っているようにすら見えます。

今の世間の状況を見て、同業者同士で平日ゴルフに行くことを自慢げに公表する感覚というのもどうなんでしょうかねぇ…。まあ、実際に儲かっている税理士さんたちでしょうから、その方たちがゴルフをしようと何をしようと、そりゃ、ご自由に、っていう世界の話ではありますが。

税理士試験を受ける人達が減り、若手税理士たちが独立したくても、所属する事務所では親方の仕事の処理を行うことしか許されず、なかなか独立しようにもできず、仮に独立しても顧客集めに四苦八苦している、という現実が税理士業界を覆っているというのに。さらには構造変化による業界の先細りや市場の縮小、そして景気悪化による影響が強く懸念されている一方で、親方税理士は仕事を若手にさせておいて、そこからの上がりで平日ゴルフを楽しんでいるわけですか…。

なんか、ちょっとセンスが違うなぁ…(笑)。政治家に陳情するための会費を税理士から集めるのなら、そうやって平日ゴルフをできるような、懐とお時間に余裕のある税理士さんがなさったらそれでいいんじゃないでしょうか。

…と、思わず言いたくなりますね(笑)。業界に漂うこの閉塞感と不公平感、何と言ったらよいのでしょうか。若手税理士が思うように活躍できないのは、政治や税理士法が理由ではなく、業界内部における構造的な問題のほうが強いと思います…。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2173-4b52fd60

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。