税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 税理士 > 資格を取ると貧乏になる?人気資格・税理士の悲惨な実情  

資格を取ると貧乏になる?人気資格・税理士の悲惨な実情

2014 - 12/07 [Sun] - 03:05

またまたネットで見つけた税理士に関する記事を。

資格を取ると貧乏になる?人気資格・税理士の悲惨な実情~過当な値引き競争、業界高齢化…

まあ、ここに書いている内容はほぼ事実だろうと思いますね。今からの税理士業界は決してラクな業界ではないし、特に今からこの業界に入ってくる若い方たちにとっては、独立して稼ごうとするにはかなり大変な業界だと思いますね。もうその理由はただ一言「仕事ができない高齢税理士がいつまでも仕事を掴んで離さない、またそうできる構造的な問題があるから」ということになると思います。

まあ、このブログに過去から何度も書いてきているので、あまりしつこいのもなんだと思いますからさし控えますが、要するに税理士の世界では顧客さえ掴んでいれば、自分自身が仕事をしなくても稼げるという「システム」を作ることができちゃうんですね。本当はそれは税理士法上許されていないにもかかわらず、事実上それを容認するような制度になっているのです。

だから若手税理士はいつまでたっても割の合わないことばかりやらされることになり、全然儲からないわけです。独立しようとしても、この業界では良い顧客の流動性は極めて低いので、この記事に書いてあるように若手税理士が良いお客をつかむのは至難の業です。それこそ爺さん税理士さんの太鼓持ちをしてお客を引き継がせてもらう、なんてことができればラッキー中のラッキーでしょうね。それほどこの世界での営業は難しいと感じます。

まあ本当に今からの時代は、「今までの仕事が気に入らないから、資格を取って一花咲かせよう!」と思って弁護士、会計士、税理士になるのはやめたほうがいいと思いますね。たぶんろくな結果にはならないと思います。資格を持っていればそこそこ儲かった、なんて時代じゃないんですよね、今は。はっきり言って資格を持ってからのほうがずっと大変なんですよ。

ですからあこがれや、ブランドや、甘い気持ちでこういう資格業界を目指そうとするのなら、悪いことは言いません、やめたほうがいいです。もちろん、そうやってこの業界を目指そうとする人たちが減ってくれれば、私達の競争が少しは緩和されるので助かる、という思惑がゼロではないですが(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2164-c45a4ef0

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード