税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 天才の机は散らかっていた!  

天才の机は散らかっていた!

2014 - 11/30 [Sun] - 19:58

たまたまネットを見ていますと「仕事が出来る人は机が散らかっている!」といった記事を見つけました。今回記事にしようとしてもう一度探してみたのですが、見つからなかったので似たような内容のリンクを。

天才の机は散らかっていた! 混沌とした環境でこそ創造性は発揮される

何を隠そう、私の仕事机は常に散らかっています(笑)。だからといって「自分が仕事ができる人だ」とか「自分が天才だ」とは口が裂けても言うつもりはありませんが、社会人になって会社に入った頃から、私の机が周りの人の誰よりも散らかっていたのは間違いないと思います(笑)。と、いうか片付けることができないんですね、なぜか。

私自身も、キレイでスッキリと整理整頓された机のほうが気分よく仕事ができるだろうな、ということは十分理解しているのです。それはわかっているのですが、どうしても片付かないんですよね。気が付くとすぐに机の上がものであふれています。でも、私自身には机の上にものが散らかるためのそれなりの理由というのはあるのです。

基本的に、今進行中の仕事に関しては目に見えるところに書類があり、しかも手が届くところに書類がなければ嫌です。嫌な理由は「何をしていたか忘れてしまうから」です。だから忙しくなればなるほど、机の上には書類が散らかり、積み重なっていきます。

「じゃ、それをトレイなどに入れて整理したらいいじゃないか」ときっと皆さんはおっしゃると思うのですが、私の場合、目の前にやるべき仕事が書類として見えていないと、どこに片付けたのか忘れてしまうのです(笑)。そうなんです、仕事が増えると机の上が散らかるのは、「書類を整理するとどこに片付けたのか忘れてしまうから」という理由が一つと、「もう一度その仕事に取り掛かろうとするとまた片付けた書類を持ち出してきて机の上に広げないといけないから」という理由からなんです。

そうなんです、何日か続けて取り組まないといけない仕事などがある場合には、職場から離れたり家に帰るたびに書類を整理してどこかに片付け、そしてまた職場に来たら書類を片付けた場所から持ってきて、また机の周りに並べる、という作業がめんどくさいのです。しかも書類を片付けてしまったら、見たかった書類を探しだすのにまた時間がかかったりするのが嫌なので、私自身のルールに基づいて書類は机の上に置いてあるつもりなのです。

…なんて書くとかっこ良くも見えますが(笑)、でも私の場合はただ単にズボラで、片付けベタなだけです。きっと多くの方は私のように「どこに片付けたのかわからない」と思い悩むことはないのだと思います。私は片付けた場所を忘れてしまうので、目につくところに必要な書類を置いておかなければ気がすまないだけで、みなさんは片付けた場所をすぐ思い出せるので、机の上はスッキリと片付けられると思うのです。

冒頭のリンク先などを見ますと、世界的にも仕事ができる人たちの中には机が散らかっている人が結構多い、という記事が書かれていて、私も少しだけ安心するのですが、だからといって散らかったままの机のほうがいいんだ!と開き直るつもりなど毛頭ありません。

なぜなら、散らかっているということは整理できていないということですから、自分以外にはどこに何が置いてあるのかわかりません。つまりこういう散らかった机で仕事をする人は、一人で仕事を進めるフリーランスや、私達のような独立事業主などには良いのですが、チームで仕事をするメンバーとしてはあまり良くないスタイルです。基本的にはチームで仕事をする際には情報は常に共有されていなければなりませんので、書類を整理して片付けられないということは、情報共有ができていない、ということになるからです。

それと、机の上に書類などが散らばって、そのままにしていますと、当然ですけど、机の上の掃除ができません(笑)。だからホコリもたまるし、何よりも見た目が悪いです。どうしても雑然としたイメージを与えてしまうので、結局そういうことが理由で「机の上が片付いていない人は、仕事もできないし、性格も雑」という事になってしまうのだと思います。まあ、私自身その点については否定はしませんが…(笑)。

ただ、机の上が散らかっている人は、その人なりのルールがあって書類を散らかしているのは事実。ある書類は横に向け、ある書類は縦に向けているのも、ただバラバラに書類をおいているのではなく、きちんとその人なりの基準に基づいて方向を変えているのも事実なんです。

だから勉強机であれば母親が、仕事の机であれば掃除をしてくれる同僚などが机の上を片付けてくれたりすると、もう何がなんだかわからなくなってしまうのです。散らかっているように見えて、本人はどこに何が置いてあるのか理解し、そして覚えておいているので、他人が書類を片付けてその場所が移動してしまったら、すっかりわけがわからなくなってしまうのです。

でも、まあ、なんだかんだ言って、ただ単に片付けるのが下手なだけなんですけどね(笑)。言い訳をするつもりもありませんし、こんなネットの記事を見つけたからといって「俺も天才だ!だから俺の机は散らかっていてもいいんだ!ほっといてくれ!」と開き直るつもりなど全然ありません。

いつかはキレイにスッキリとした、気持ちのよい机と仕事環境を実現させたいと思っていますけれども、さあ、果たしてそのような日が来るのでしょうか…(笑)。かなりの努力が必要な気もしています…。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2148-a5d4e04e

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード