税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 税理士試験 > 法人税法一発合格  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税法一発合格

2014 - 11/25 [Tue] - 00:42

「法人税法 一発合格」という検索ワードでこのブログに来られた方がいたので、ちょっとだけコメントを。

そういえば、私自身も法人税法は運良く一発合格できたのですが、自分自身がそうでも、やっぱり法人税を一発合格するのはなかなか大変なことだと思います。周りの受験仲間の話などを聞いていても、必須税法である法人税法や所得税法がどうしても何回受験しても合格できなかった、という話はよく聞きますからね。

実は私、最初に合格したのが法人税法だったので、当時は合格するための勉強のペースというのがわからずに、ただがむしゃらに勉強していたんですよね。

今にして思いますと、そのがむしゃらさが良かったのだろうとは思います。まだまだ膝の上に抱えるような子供がいる身で、仕事辞めて受験専念で行こうと決めたわけですから、当時の私にはかなりの悲壮感があったのは間違いないです(笑)。なので、たぶん「私がそれまでの人生の中でこれほど勉強したことはない、と言い切れるだけのことをやろう」という覚悟を持って勉強していたはずだと思います。

前にも書きましたけれども、勉強していた一年間、楽しいことなんてなーんもなかったです(笑)。そりゃ苦しいの一言です。でも一年で法人税法を片付けてしまえば、その後が楽になることは見えていましたから、それだけを心の支えにしてがんばったわけです。

もう相当前の話になりますから勉強の詳細は忘れましたけれども、たしか毎日10時間以上は勉強しましたよね(笑)。午前中は初学者にもかかわらず、専門学校の「上級直結コース」というのを選び(これが今にして思えば無謀だった)、そのおかげで平日は午前中9時か10時くらいからお昼まで授業。なんといっても9月から12月までで法人税法の普通コースを全部マスターし、1月からは上級コースに編入する、という鬼のようなカリキュラムでしたからね(笑)

当然授業が終わってもすぐ次の授業があるので、理論と計算を必死で覚えなければなりません。ですから午前中の授業が終わったら、家に帰ってからひたすら復習です。最初のうちはそれほどでもなかったでしょうけど、すぐに復習を夜中までやるようになってきました。何しろ合格するための勉強ペースをいうものをまったく知らない奴がいきなり法人税法を勉強して一年で合格しようというのですから、専門学校の先生の指示通りにただただがむしゃらに勉強しましたね。

…まあ、私の場合は、法人税法を一発合格するための勉強とはそんな感じでしたね。もう初心者がわけも分からず、ただひたすらに勉強しているだけでしたね。でもそうやってただひたすらに勉強したのが良かったのではないかと思っています。

皆さんの場合はそれほどまでに勉強しなくても合格できるようには思います。私の場合はとにかく力を入れる部分と抜く部分のペース配分が全くわかってなかったので、とにかく全部必死にやっただけなのです。まあ、そんなことよりもなによりも、人間切羽詰まっていればなんでもできる、税理士試験の法人税法を一発合格するなんて大したことじゃない、ということじゃないでしょうか(笑)

ほんと、あなたが男であれば「もし今度の法人税法に合格しなければち◯◯ちょん切るからな!ほんまやで!」と言われれば、たぶん殆どの男は合格すると思いますよ(笑)。切羽詰まった人間っていうのは、誰でもそれくらいの底力を出すもんなんですよ。

試験に合格することなんて、今にして思えば、人生の他のことよりもずっと簡単ですよ、ホントに。もちろん大変なのは大変ですけど、でも試験は自分が頑張れば結果が絶対についてきますからね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2135-480b1dbf

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。