税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > 日記・エッセイ・コラム > 集団食中毒ねぇ…  

集団食中毒ねぇ…

2014 - 11/24 [Mon] - 01:14

今日ニュースを見ていますと集団食中毒の記事がありました。テレビでもやっていましたねぇ。

集団食中毒か…大阪城ホールから21人搬送、コンテスト出場の安城学園生徒ら

何でも症状を訴えている人は21人にのぼっているそう。だいたいこういった食中毒のニュースって、調子が悪くなった人が数人でもいればニュースで取り上げちゃいますよね。

でも、もう時効だからいいとは思いますけど、私がかつて勤めていた会社ではすごい事件がありましたよ…。

ある日、会社の食堂でお昼ごはんを食べますと、私は大丈夫だったんですが、推定で社員百人以上が腹痛などを訴えて会社の診療所に駆け込んできたんですよね(笑)。私は当時診療所と同じ小さな建物の二階の部署にいましたので、まあそれはたくさんの社員が診療所に駆け込んでくること、くること!(笑)

全員が昼ごはんを食べた直後に体調を崩しましたので、原因は、まあ普通に考えて昼食ですよね?で、これだけ大量の人が同じ症状を訴えているのであれば、普通は集団食中毒事件ですよね?私達社員もそう思っていましたが、オフィシャルな社内発表は「風邪ウィルスの蔓延」(笑)。

ヲイヲイ嘘だろ!と思いましたが、きっとそこには大人の事情が作用したんでしょうね。誰がどう考えても食中毒事件に間違いないのに、もしそんなことが世間に知れ渡ってしまったら会社に入っている給食業者は結構な期間営業停止になりますよね。で、厨房や食堂も検査や消毒などで大変なことになるでしょう。

それより何より、社員百人以上が食中毒になってしまった、なんてことがニュースにでもなれば、会社のイメージがガタ落ちです。そして給食業者が営業停止になっている間、私達社員は昼ごはんを食べられないことになってしまいます。下手をすればその業者はこの事件による営業停止のせいで潰れちゃうかもしれません。

きっとそんな様々な大人の社内事情が働いて、「風邪ウィルスの蔓延による体調不良」ということに事態は収束したのだと思います。私がいた会社でもそんな食中毒もみ消し事件があったくらいですから、結構世間ではそんな食中毒なんてしょっちゅうあるんじゃないでしょうか?世の中に公表していないだけで。

まあ「風邪ウィルスによる体調不良」という公式見解を聞いた私はさすがにコケましたが、しかし大人の事情を考えればさもありなん、とも思いました。私自身は特に問題ありませんでしたしね…(笑)。

ま、いろいろあるんですよ、世の中には(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2133-af0017c5

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード