税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > ピカピカの新車ベンツで力を誇示する成金 本当のお金持ちとは正反対  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピカピカの新車ベンツで力を誇示する成金 本当のお金持ちとは正反対

2014 - 11/20 [Thu] - 15:47

ネットの記事を読んでいっていますと、こんな記事を見つけましたので読んでみました。

ピカピカの新車ベンツで力を誇示する成金 本当のお金持ちとは正反対

こういうネットの情報や、雑誌の記事、本のタイトルなどをよく見かけますよね。こういうタイトルをつけると、お金持ちでない普通の庶民が読んだ時に「あ、なんだお金持ちって言っても、意外と地味にケチくさくお金遣うんじゃないか!よかった、だったら俺達一般庶民とそんなに変わらないのかも知れないな。」と、今までどこか心の中で毛嫌いしていたお金持ちに対して親近感を感じてもらえる、というのが狙いのようにも思えますね。

でも、本当にそんな記事の通りに「本当のお金持ち」が行動してますかね?

よくいろんなところで語られる、「金持ちは中古のベンツを買う」というまことしやかな話。もちろんそういうお金持ちもいるでしょうけれども、私が身の回りにいる「本当のお金持ち」を見ている限りでは、そんな「中古のベンツ」買っている人なんて見たことないですね(笑)。

記事の中では「減価償却費のことを考えて中古ベンツを買う」と書かれていますが、ホントにそんなことします??「600万円の新車を6年で償却したら、年間の償却額が100万円」「300万円の中古ベンツを買えば、2年の償却なので年間償却額が150万円だから新車を買うより節税」って書いてあるわけですが、じゃあ「3年目からはどうなるのよ?」って訊きたいと思いません?(笑)

あのね、本当のお金持ちで、見栄を張らない方はそもそもベンツになんか乗りませんよ(笑)。初期投資も少なくて、しかもガソリン代や修理費も安くつく国産車を買いますって。しかも国産車よりもとんでもないところが突然壊れたりするベンツの中古なんて買いませんよ(笑)。金持ちがベンツ買うのなら、そりゃ故障への保証もしっかりして一番壊れにくい状態である新車を買いますよ。お金持ちであればあるほど、ベンツの中古車なんて買わないでしょ、どう考えても(笑)。そんなのある意味お金の無駄遣いですからね。

償却費の話が書いてありましたけど、600万円の新車を買っても、300万円の中古車を買っても、結局のところ税務上はそれぞれの全額が償却費に計上されるんですから、そこに大きな違いはないです、ハッキリ言って。ただ、中古のベンツを買うお金持ちが「もし仮に」いるとしたら、そりゃただ単に新車を買うよりも中古を買う方が絶対的な金銭の支出額が少なくて済むから中古を買っているだけのことですよ。

実際のところ、税務上の償却費のことなんて考えて車買う人なんて今どきいないと思いますよ。それより代々のお金持ちはクラウンやレクサスに乗るんじゃないでしょうか。あるいは本当に見栄を気にしないお金持ちならカローラやプリウスに乗るんじゃないでしょうか。新車であれ、中古であれ、ベンツみたいな高級外車ブランドを選ぶ時点でもう既に十分過ぎるほど見栄をはってますからね(笑)

まあ、それから一流料理店での成金と本当のお金持ちの振る舞いやオーダーの違いについても書いてありますけれども、まあ、そういう側面はあるとは思いますが、これがすべて当てはまるとも思いませんね。だって「世界の金持ちランキング」とかに出てくるクラスの「本当の本当の超金持ち」になれば、やる時はお金に糸目をつけずに本当に自分が最高においしいと思うもの、そして自分が本当に所有したいと思う車を買うでしょうからね。だってフェラーリとかマイバッハってそういう世界中の「ホントのホントの超金持ちたち」がお客の車ですからね。

あるいは1つ数千万円する腕時計とかでもそうですよね?そんな車や時計を作ってるメーカーは成金なんて相手にしてないですよ、ハッキリ言って(笑)。成金レベルを突き抜けた、ホンマもんの超大金持ち、それもホンマもんの本質をしっかりと見極めることができる鋭い目を持った方たちだけをユーザーのターゲットにしてるはずですからね。

いや、確かに「成金は下品なお金のお使い方をするけど、『本物のお金持ち』は無駄金は使わず、意外と質素でスマートにお金を使う」と記事や本に書けば世間ウケがよくて、読む人が喜んでくれるとは思いますが、そんなステレオタイプに成金と「本物のお金持ち」を分類するのは間違っているように思いますね。成金のように振る舞う金持ちの三代目、だって世の中には必ずいますからね。逆に「今から本物のお金持ちを目指そうとしている成金」であれば、無駄金を使わずに質素に目立たず日々暮らしていると思いますよ。

ま、確かに一代で財を成した人は、時として下品なお金の使い方、特にその配偶者が勘違いした横柄な振る舞いをして周囲に迷惑がられることが少なくないとは思いますが(笑)、それはそういう状況にある人の「知性」や「人間性」に負う部分が大きいのではないでしょうか?

成金でも知性や品性がある人は目立たず上品にお金を大切にしながら使うでしょうし、本物のお金持ちでも知性や品性がイマイチの人は芸能人やバクチにお熱を上げたりしてすっからかんになっちゃったりするんじゃないでしょうか?それだけのことだと思いますよ。おもしろおかしく成金と本物のお金持ちについて書かれた情報を読んでわかったつもりになるのはちょっと違うように思いますし、こんな情報を書いている人達も結構無責任だよなぁ、と思いますね(笑)。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2122-d509d591

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。