税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 国際・政治 > 小渕経済産業大臣が辞任へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小渕経済産業大臣が辞任へ

2014 - 10/19 [Sun] - 20:23

最近のニュースでは、小渕経済産業大臣の政治資金収支報告書の内容に不明朗なところが多すぎる、ということで、小渕経済産業大臣が辞任する見通しであるとのことでした。

将来の女性総理大臣第一号と目され、安倍首相の女性登用の目玉でもある小渕大臣ですが、意外と、といいますか、しょーもないところでケチがつくことになってしまいましたね。私は政治家のお金の適法性・違法性に関しては余り知識を持っていないので詳しくコメントできませんけれども、でも、税理士として気になることがあるところもあります。

まず、そもそも、ですけれども、最近の政治資金収支報告書って、税理士や会計士が内容をチェックしていることが多いんじゃないんでしょうか?政治家全員がそういう会計専門家によるチェックが義務づけられているのかどうかは知りませんけれども、仮に義務づけられていなかったとしても小渕大臣ほどのクラスの政治家であれば、チェックしておいたほうがよいですよねぇ?

で、もし税理士や会計士によって今回問題となった政治資金収支報告書がチェックされていたのであるとすれば、なんでそれをチェックした税理士たちは今回問題となっているような収支の矛盾や、支出内容の適正さなどを確認しなかったのでしょうか?野党議員たちが見てすぐわかるような程度の不適切さがちりばめられた政治資金収支報告書なのに、なぜ会計の専門家たちがその内容を見てわからなかったのでしょうか?

もし税理士たちが小渕大臣の政治資金収支報告書に「適切に処理されています」とコメントして印鑑を押しているのであれば、当然ながらその税理士たちも何らかの処分を受けなければなりませんよね?だって本来不適切な収支がないかどうかをチェックするための監査役なのに、2千万円の帳尻が合っていなかったり、個人的に流用したと思われる不適切な支出がいくつもあるのに、それをスルーして「適正」とハンコを押してしまったんですものね。

こんなことが起きるのであれば、なんのために税理士たちが政治資金収支報告書の監査を行っているのかさっぱりわかりません。そもそも、監査を行う意味すら疑問視されますもんね。もしめくら印を押していただけだとすれば、それこそなにをかいわんやの世界。

まあ、そのあたりも含めて、私は余り知識がないのでこのあたりに留めておきますけれども、今回の事件を見ていて素直にそのあたりを疑問に感じましたね。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2075-8e0bef5c

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。