税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 日記・エッセイ・コラム > 締めていかないといけない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

締めていかないといけない

2014 - 10/16 [Thu] - 00:44

この10月に入ってから、私は心機一転、心を引き締めて、再び一生懸命仕事をすることにしました。正直言ってこの1年くらい自分でも仕事に関してはなにか勘違いしているというか、呆けていたというのがわかります。わかりやすく言えば「ラクをしていました」。

しかし、自分でもさすがに「マズイ」と思い始めてきました。仕事もうまくいっている、と心の何処かで勘違いしていたように思います。しかし現実には私の仕事は滞ってばかり、お客に迷惑をかけてばかりで、仕事の質も低く、とても褒められた状況ではありませんでした。

さすがの私もこのままの状況が続くと取り返しがつかないことになってしまう気がしてきまして、心を入れ替えて仕事第一、顧客第一で過ごすべきだ、ということを改めて実感しているところです。やはり人間、慢心になってしまうのが一番いけませんね。

仕事を引き延ばすのは、今までの私であれば絶対に自分でも許せないことだったのに、ここのところの私は仕事の納期が遅くなっても「だってしかたないじゃないか」と開き直る部分があったように思います。それはやっぱり間違っていて、仕事というのは何が何でも早く終わらせないといけないのです。

すこしばかり右肩上がりで来てるからといって、なにか勘違いをして謙虚さと一所懸命さを失ってきていたように思いますね。「少しくらい遊びながら仕事をしても許されるんじゃないか、ここまでがんばってお客さんを増やしてきたんだから」と心の何処かで気持ちが緩んでいたのは間違いありませんね。別にたいしてお客がいるわけでも、売上が満足いくほどあるわけでもないのに、心の何処かで勘違いしていたようです。

さあ、もう勘違いして呆けている時間は終わりです。またエンジンをかけて、ギアを前進に入れて、そしてアクセルを思い切り踏まなきゃいけません。バカな一年はもう終わりにしなきゃいけません。そして再びお客さんから見て魅力的な税理士事務所を一生懸命作り上げていかなければなりません。

頑張ります!ただひたすらに。もう今年も残すところ二ヶ月ちょっとになってしまいましたが、今年で澱のように溜まった部分は綺麗さっぱりと片付けてすべてを一新させ、そして来年から猛ダッシュで最高のサービスを提供できるように死に物狂いで仕事に励まなければなりません。

来年からが正念場です。ここで再びギアを入れてどこまで仕事のレベルを高めて、お客さんを増やすことができるか。そこで私の社会人としての真価が問われることになります。来年が評価の年、そして仕事を大きく発展させる年になるはずです。

一生懸命頑張ります。もう遊びません。もう気を抜いたことはしません。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2068-f1ab3305

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。