税理士もりりのひとりごと

税理士もりりがぶつぶつと日ごろの出来事についてひとりごとを綴っていきます





  税理士もりりのひとりごとのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> パソコン・IT > iPhone6予約開始!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone6予約開始!

2014 - 09/16 [Tue] - 16:40

アップルのiPhone6、とうとう発売になりましたね。今回のバージョンの最大の目玉は、サイズが大きくなった、ということでしょうね。

iPhone6ホームページ(アップル社)

実際に発売となったiPhone6は、だいたい事前の情報の通りでしたね。二種類のiPhoneが発売され、そしてそれらは画面の大きさが違う、という点はほぼ正確な情報でした。iPhoneが当初「小型化」という新しいスタイルを作っていたにもかかわらず、今のスマホのトレンドはすっかり「大型化」がトレンドです。

スマホが大型化してしまいますと実はどんどんパソコンに近づいてきてしまいますので、本当の意味で言えばスマホは大型化してしまうことは望ましくありません。なぜならその最大の魅力である「携帯性」が大型化によってどんどん損なわれていってしまうからです。

しかし、iPhoneをはじめとするスマホを使っていたユーザーからは、電話としての利便性よりも、画面を大型にすることによるウェブやメールなどの情報の「見やすさ」を求める声が多くなってきたのでしょうね。大型化することをできるだけ避けようとしてきたiPhoneも、この市場のトレンドやニーズには抗うことができなかったようで、とうとうiPhone6では現在発売されているスマホの中でもかなりの大型に相当する5.5インチの商品を揃えることになりました。

何と言っても、5.5インチ画面を備えた6Plusになりますと、縦約16センチ、横約8センチですからね(笑)。街のみんながこれを手に持って耳に当てて通話をしている様子を想像してみますと、もう、ちょっと笑いがこみ上げてきてしまいます。ほぼサムスンのGalaxyNoteと同じサイズのようですが、「電話」としてみるならば、きっと昔の衛星電話に並ぶほど大型ですからね。

なんのためにスティーブジョブスがiPhoneを開発させたんだ?という疑問すら感じる最近のスマホのトレンドですね。画面の小ささをカバーするために、アップルはiPadを開発・発売したのでしょうが、世の中の多くの人達は「そんなもん、二つも持って歩けねぇよ!通信の契約だってめんどくせぇし!」と思ったんでしょうね。実際私もiPhoneとタブレットを持っていますが、テザリングをすればまだしも、タブレットの通信の設定とか準備が電話と重複しているようで、なんか無駄な感じがしますものね。

「だったら、スマホの画面を大型化して、一つにまとめてくれよ!」というユーザーからの要望が強くなって、結局最初の「小型化」という目的はどこへやら、スマホはどんどん大型化の一途をたどっているワケなんでしょうね。スマホは、本来、従来の携帯電話並みの大きさに大画面を備えて、ほぼパソコンと同じことができる、というところが最大のウリだったにもかかわらず、だんだんタブレットのサイズに近づいて、携帯性は失われる方向性に来るようになりました。

だって、今回のiPhone6Plusにしても、あのサイズのスマホを電話のたびに耳に当ててしゃべっている様子なんて、もう、お笑い以外の何ものでもないですよ、サイズがでかすぎます(笑)。スマホの画面がどんどん大型化され、iPhoneまで大型化してしまうようになってくると、きっとメーカーの狙いとしてはスマホを単体で通話に利用する、という使用場面は想定しなくなってきているんでしょうね。

どういうことかといいますと、多くの方が既に利用しているように、ブルートゥースのヘッドセットなどを使ってスマホ本体を手に持って耳に近づけなくても通話が行えるような利用方法がこれからは主流になっていき、それを想定したスマホの商品開発になってくるんでしょうね。

でも・・・、それって、スマホがどんどんスマホじゃなくなってきてるんですよね(笑)。なぜならブルートゥースのヘッドセットで通話を行うのであれば、本体は別にムリしてスマホにする必要がなくなってくるんですよね。通信(通信)機能を備えたタブレットがあれば十分だし、それをカバンや机の上に置いておけばいいですもんね。あるいは小さなノートパソコンでもその役割は果たすかも知れません。

結局スマホは大型化していくことで、どんどん本来の「スマホ」としての「最大のウリ」を失っていっているような気がします。「スマホ」としての最大のウリは「小型化」「胸ポケットに入る携帯性」だったんですよねぇ・・。スマホがどんどん大型化することによって、結局スマホはタブレットにどんどん近づき、携帯性、通話の利便性を失っていくことによって、結局は通話のための利便性を高める「ヘッドセット」などのパーツを別に用意しなきゃいけなくなっちゃうワケなんですよねぇ・・。

どこかでスマホの大型化に歯止めをかけないと、きっと本当にタブレットとの境界があいまいになって、ユーザーから見たスマホの魅力が薄れていってしまうんじゃないかと危惧しますね。だって、本当にスマホが大型化していくのならタブレットでもイイし、ノートパソコンでもイイですもん。

スマホは当初のスタイルからどんどん「進化」していっているわけですが、実は大型化することで、以前よく見られた「ノートパソコン+スカイプ」という姿に「退化」していっているんですよね・・(笑)。そう考えてみれば、実に興味深いことです。

関連記事

トラックバック

http://moriri12345.blog13.fc2.com/tb.php/2050-89755338

 | HOME | 






プロフィール

もりり

Author:もりり
当ブログにお越しいただきありがとうございます、税理士のもりりです。のんびりと、時々辛辣に日々感じたいろいろなことを自由に書いていきたいと思います。

最新記事

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。